トップニュース

バスや電車? 世界初の「デュアルモード車両」日本本格稼働

東京、12月24日(ロイター) – バスだ、電車、DMVだ! 道路と鉄道で同じように家にある世界初の二重モード車両が土曜日、日本徳島県の海洋村で公開デビューする予定です。

DMVはミニバスのように見え、道路から通常のゴム製タイヤに走ります。 しかし、交差点に到着すると、スチールホイールが車の下部からレールトラックに降りて、列車を効果的に変身させます。

電車の車輪は前のタイヤをトラックから持ち上げるのに対し、後部の車輪はDMVを鉄道で推進するために下に保持します。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

DMVを運営するAsa Coast Railway会社のCEOは、この車両は、地域の運送会社が収益を生み出すために苦労している人口の高齢化と減少を経験しているKaiyoのような小さな村に役立つと言った。

日本徳島県海洋町で一般路面と鉄路の両方を走ることができる「デュアルモード車両(DMV)」バスのゴムタイヤとホイール部品が2日(現地時間)、日本徳島県海洋町で試験運行中の姿を見ている。 2021年3月に撮影し、徳島県政府が公開した資料写真、2021年12月24日ロイター提供。 徳島県政府/REUTERSによる資料

三浦重慶最高経営者(CEO)は金曜日ロイターとのインタビューで「この車両(DMV)は(バスで)地域住民に到達でき、鉄道にも乗ることができる」と話した。 「特に高齢化人口がある農村地域では、非常に良い形の公共交通機関になると期待しています。」

DMVは最大21人の乗客を燃やすことができ、鉄道トラックで60km / h(37mph)の速度で走ることができ、公共道路で約100km / h(62mph)の速度で走ることができるとAsa Coast Railwayが語った。

ディーゼル燃料で駆動される様々な色の小型車両は、日本の南四国島のいくつかの海岸に沿って走り、いくつかの小さな町を結び、乗客に魅力的なビーチ風景を提供します。

Miuraは、このプロジェクトが日本全土の鉄道ファンが訪れるよう奨励することを望んでいると述べました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

ロイターを見てテレビを書く Gareth Jones 編集 Philippa Fletcher 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Apple (NASDAQ:AAPL) – iPhone 14シリーズは中国ではなく日本と韓国でより高価になります

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close