スポーツ

バスケットボール| イラン、FIBAワールドカップ予選で日本を破った

イランは8月25日(木)テヘランで開かれた2023 FIBA​​ワールドカップアジア地域2次予選で日本を79-68に破って優秀な体球を活用した。

ポイントガードBehnam Yakhchaliがイランの試合で30得点を記録した。 Yudai Babaは、いくつかのダンクを含む10-13シューティングで27得点で日本を制圧しました。

イランは2クォーターに赤月ジャパンとしても知られる訪問者を19-5に破り、ハーフタイムに44-32の優位を占めた。

攻撃ガラスで17-10を含むリバウンドで51-32の全体優位で世界23位イランは失策後、十分な第2チャンス得点機会を作成しました。

そしてそれがこのゲームの最大の違いだったでしょう。 これはイランの内部支配力を明らかにする信号でした。 Said Armaghani監督のクラブは、2番目のチャンスポイントで16-2の優位を占めました。

日本のアウトサイドシューティング(3点シュート40個のうち11個)はサイズの不一致を克服するのに効果的ではなかった。 馬場は3点アークを越えて6つのうち5つを、長距離で井上相一では6つのうち3つを結んだ。 残りのチームは3打数3打28敗を記録しました。

JAPAN Forwardのスポーツ専用ウェブサイトで記事全体をお読みください。 スポーツルック

著者:エド・オデブン

JAPAN ForwardのEdフォロー [Japan Sports Notebook] ここ 日曜日に [Odds and Evens] ここ 平日とツイッター @ed_odevenそして彼を見つけなさい JAPAN Forwardのスポーツ専用ウェブサイトから スポーツルック

READ  ケイティ・ボルターがリヨンオープンでアンナを見て負傷して引退テニスニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close