スポーツ

バスケットボール| 日本、2023 FIBA​​ワールドカップ予選でバーレーンに勝利

この記事はに初めて登場しました。 スポーツルックJAPAN Forwardのスポーツ専用ウェブサイト。

ハリモトテンケツ チーム最多得点22得点 川村由紀 日本が開催国のバーレーンを87-74で破って20点を追加した。 2023 FIBA​​バスケットボールワールドカップ 11月11日金曜日マナマで開かれるアジア二次予選。

最近FIBA世界ランキング38位の日本は1クォーター末まで24-10で先をリードしている。 トム・ホバスのチームはF組3クォーターに入って50-33に先んじた。

しかしバーレーンは後半戦にも圧迫を維持し、逆転勝ちを収めた。 Devon Dwayne Chismは4四半期に8分43秒のレイアップで、日本のリードを66-61に絞りました。

菅田裕太郎 レイアップで得点してマージンを7に増やし、チームメンバー カイトウズゴールムーンフープは6分59秒を残して70-62にした。

バーレーンは5分10秒を残し、アフメド・アルデラージの3点シュートを73-67で防いだが、 赤月ジャパン 頑張って最後まで頑張った。

記事全体を読む スポーツルックで。

広告

作家: エド・オデブン

JAPAN ForwardのEdフォロー [Japan Sports Notebook] ここ 日曜日に [Odds and Evens] ここ 平日とツイッター @ed_odevenJAPAN Forwardのスポーツ専用ウェブサイトで彼を見つけてください。 スポーツルック

READ  マサヤ奥川、アルミニアの後半ゴールで逆転を助けました。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close