技術

バッテリーカーレースにゆっくりと、Subaruはついに日本で最初のEV工場を建設する予定です。

バッテリーカーレースにゆっくりと、Subaruはついに日本で最初のEV工場を建設する予定です。 ソース: 刑務所/REUTERS経由

  • EVの移行が遅いSubaruは、新しい工場がEV生産に大きく役立つことを願っています。
  • 総投資額が7億7千万ドルを超えると予想されるこの工場は2020年代後半に稼働する予定です。
  • 5月12日、スバルはトヨタと共同でシャーシを開発した自社初の世界的な販売電気自動車であるソルテラの注文を受け始めた。

より多くの自動車メーカーが電気自動車(EV)市場に深く飛び込んでいる一方、自動車メーカーはこのセクターにゆっくりと移行するのに満足しているようです。 まさに日本の自動車メーカーであるSubaruです。 2021年11月になると、4輪駆動の専門自動車メーカーであるSubaruが業界の残りの部分に追いつき、ついに最初のバッテリーEVであるSolterraを発売しました。

EVパーティーに著しく遅く打ち込まれた4WDパワートレインで駆動される自動車メーカーがトヨタと協力してSolterraを生産しました。 しかし、2020年に日本のプレーヤーは、2030年以前に世界中で販売されているラインナップの少なくとも40%が純粋な電気またはハイブリッド車になると予想していると述べた。 しかし、今年半ばになって初めてのEVは次の国で商用化されました。 アメリカ、ヨーロッパ、中国、日本。

スバルへの発言 国際ウェブサイト 2030年代上半期まで(スバルは)世界中で販売されているすべてのスバル車両に電気化技術を適用すると発表しました。 この目標を支援するため、Subaruは2020年代後半まで運営することを目指すと発表した。 動きは一部 今後5年間の電気化に数十億ドルの投資

この工場は日本初の電気自動車工場となり、総投資額は7億7000万ドルを超えると予想される。 工場は群馬県太田にある自動車会社の主要工場やその他の施設の近くに位置する予定です。 新しい施設建設とともに既存工場を改造して一部EVを生産する予定です。

中村は、新工場で生産された電気自動車が米国を含む市場に世界的に輸出されるだろうが、スバルは依然として今後の電気自動車がどのようなセグメントやモデルになるかを検討していると付け加えた。 新しいEV生産施設の生産能力の数値を明らかにすることなく、自動車会社の長は、時間が経つにつれて拡大する余地がある小規模で始まると述べた。 自動車メーカーはまた、新しい工場がEV生産に大きく役立つことを願っています。

ソルテラとは異なり、トヨタが10年半生産した電気自動車はスバルが直接生産する。 トヨタが開発したEVプラットフォームをトヨタbZ4Xと共有するSolterraは、現在トヨタの本町組立工場で兄弟銘板と同じラインに作られています。

SubaruとToyotaとの協力は、2012年に発売されたToyota 86とSubaru BRZスポーツカーを共同開発し、ほぼ10年間続きました。 今、Subaruは両ブランドの最初のEVを共同開発 日本で最高の自動車メーカー 一生に一度だけのBEVへの移行に適応するため

覚えておくために、2020年の初めに、スバルはアメリカ人が移行に関心があるという証拠をあまり見ていないと述べました。 EVまたはプラグインハイブリッド。 しかし、トヨタの協力により、自動車会社は現在、2020年に約4.2%に達する米国市場シェアを高めるよう努めています。





READ  r/Place タイムラプスを見るのは Reddit の中心部を見つめるのと同じです。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close