スポーツ

バドミントン日本世界ランキング1位 山口あかね、世界選手権決勝進出

日本の山口あかねが8月27日土曜日、韓国のアン・セヨンを21-19、21-12に破り、世界バドミントン選手権大会女子シングルス決勝に進出した。

1セットがかなり選んだ後、1​​セットで1位を獲得した山口は、2セットで14-4に先んじて8点を連続して獲得し、43分で東京都体育館で優勝を獲得しました。

25歳の世界ランキング1位の中国の4位の天威フェイが日曜日のタイトルをめぐって対抗する。 Chenは土曜日の別の準決勝戦で台湾のTai Tzu Yingを15-21、21-14、21-18に折り、セットダウンをしました。

また、土曜日、日本の渡辺裕太と東野有沙が、ドイツのマーク・ラムスフスとイザベル・ローハウを21-8、21-6に勝ち、ミックスダブルス決勝に進出した。

東京オリンピックで銅メダルを獲得した日本の3番目のシードが28分ぶりに世界選手権大会2連覇を確定した。 このデュオは去る12月スペインウエルバで開かれた世界大会で準優勝を獲得しました。

「最高の試合を繰り広げたようには思えなかったが、ユタの多くの支援のおかげで、今日の私たちの成功につながった」と東野氏は語った。

日本の長原若菜とまゆまゆは、中国の世界1位の中国のチェンチェンと離判者に準決勝戦で21-13、21-14で敗れた後、女子ダブルスでタイトル防御に失敗します。

2018年と2019年世界選手権大会で優勝した長原と松本は銅メダルを狙って世界4連覇を達成し、授賞台に上がった。

長原は刑務所のニュースに「中国のペアは本当に試合に穴がありませんでした」と言いました。 「彼らは強固な攻撃とレシーブだった」

桃田2ラウンド脱落

8月24日(水)日本の世界ランキング2位である桃田健人(Momota Kento)が男子シングルス2回転でインドのHS Prannoyに敗れ、続々とした。

MomotaがPrannoyに敗れたのは、9つのキャリアの中で初めてでした。

世界ランキング18位 Prannoyは、54分間に行われた試合でMomotaを21-17、21-16に勝ちました。

桃太は2018年と2019年連続世界選手権大会以後2ラウンドを超えなかった。

刑務所通信によると、桃太(27)は「緊張して慎重に試合した」と話した。 「間違いを考えるとうんざりして、私をここに作ったことができませんでした」

広告

北朝鮮参加:拉致問題解決のための外交の新しい視点

かつてバドミントンの確かな王だったモモタは、2019年に記録的な11タイトルを獲得することができたフォームを取り戻すために苦労した。

著者:ジムアームストロング

著者は25年以上日本でスポーツを取材した長い記者です。 あなたは彼の記事を見つけることができます ここ

READ  カナダのColes-Lyster、Genest、Mitchell、UCIトラックチャンピオンズリーグでポジウムフィニッシュ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close