スポーツ

バドミントン:ラシッド:最近ダブルスエースの引退で、日本を勝つことができる

PETALING JAYA:Datuk Rashid Sidekは、日本が土曜日にデンマークのオーフスでチームトーナメントが開かれたときトーマスカップトロフィーを置いて競争するために絶食の力に頼らなければならないと思います。

1992年、マレーシアカップ優勝のメンバーであるラシードは、最近ダブルスエースである遠藤博之、カー村武、園田圭吾が引退し、日本代表チームの深さが深刻な影響を受けたと言いました。

3人組は、日本が2014年にニューデリーで開催された史上初のトーマスカップ優勝を手伝い、2年前にバンコクで、中国に次いで準優勝に仕上げるために重要な役割をしました。

幸いなことに、日本は、世界ランキング1位桃太郎ケントが率いる15カ国の中で最高のシングルラインナップをまだ自慢している。

他の二人の主な先発投手は、世界13位チュネ山カンタと16位西本ケントです。

デンマークとインドネシアは3つの主要な絶食のメンバーがすべての世界20位以内に入る唯一の他のチームです。

「私の考えでは、この日本のチームが非常に強力ではありませんが、だからといって弱いと言うこともありません。」とRashidが言いました。

「彼らのシニアダブルスの選手たちは引退したかもしれないが、彼らはまだ非常にバランスの取れた側面は、特に絶食部門を持っています。

「彼らの2番目と3番目のシングルであるTsuneyamaとNishimotoはすべてしっかり名前で候補として考えられてするのに十分です。」

Rashidは日本が勝利を収めするには、各タイで先に出るためにMomotaに大きく依存することを強調しました。 しかし、Rashidはまだ自分の最高レベルでプレーしていないと思うので、Momotaがそうすることができるかどうかは置いて見なければします。

「数スディルマン杯での活躍をもとにモモ乗るまだ一貫性を維持するために苦労しています。 おそらく彼ができるもの80-85%程度で走っているのです。」とRashidが付け加えました。

「彼の体力のか自信なのか分からない。 しかし、十分に理解することができます。 彼の状況で再び正常に上がるのは容易ではない」と述べた。

マレーシアは7年前にトーマスカップで日本を3-2で敗れて以来、まだ日本を相手にしたことがないが、ラシードは、マレーシアがグループDで衝突したときに、これを克服することができると考えている。 そしてラシードは、第二服飾、世界1位だと思います。 27マレーシアの成功の鍵を握っているGoh Sze Fei-Nur Izzuddin Rumsani。

「マレーシアは(Lee)Zii JiaとAaron(Chia) – (Soh)Wooi Yikが初の勝ち点2点を得ることを確認することです。 しかし、タイを得るために決定的な3塁打であり、勝ち点を見つける必要があり、そこからIzzuddinとSze Feiが伝達することを願っています」とRashidが言いました。

「Izzuddin-Sze Feiはデビューメンバーであることができるが、ワールドツアーで、定期的に走って決勝と準決勝まで進出したという事実を忘れないように同じレベルの相手を相手にするのでデリバリーをしていない理由はない」と述べた。

Rashidは、マレーシアが若いチームに多大な影響を与えるので組1位を占めることを目標にしなければならないと言いました。

ラシッドは、「マレーシアのジョーで優勝することができればいいだろう」とし「チームが1部リーグで脱落することを避けることができるようになった」と語った。 「より重要なのは、グループの優勝がこの若いチームに大きな変化をもたらすことができるということです。なぜなら、彼らはより大きなものを達成することができると信じる作成するためです。」

READ  Huskerバスケットボール選手、東京オリンピック出場

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close