スポーツ

バドミントン:日本、Uber Cup準決勝で韓国と簡単に勝つために、Thomas Cupでも驚き無し、Sport News&Top Stories

AARHUS、デンマーク(神話) – Uber Cupをディフェンディングする日本と韓国は木曜日(10月14日)準々決勝で3-0で勝利し、金曜日の準決勝で対戦します。

2018年にタイで37年ぶりに女子バドミントンチームタイトルを獲得した日本は、インドとの同率で一京畿道敗れず最初の二つのシングルと開幕ダブルスを払って第二の服飾と第三断食を打たなかった。

他のタイで韓国は開催国のデンマークを相手に少し強かった。 アンセヨウンはMia Blichfeldtのオープニングシングルで決定的なゲームに連れて行きました。

去る8日夜、2つの試合では、14回の優勝を占めた中国が略台湾と対戦となり、2018年準優勝を獲得したタイと3回優勝したインドネシアが合うつきました。

男トーマスカップではディフェンディングチャンピオンの中国、インドを3-1で破り、セレスアリーナで行われたグループリーグ決勝でC組1位、敗者も8強に進出した。

Shi Yuqiは前の2つのラウンドの間に試合に出なかったSrikanth Kidambiを21-12、21-16で抑え、チームの完璧な出発を提供しました。

「他の選手に比べて、私たちは経験が少なくなります。」 彼は言った。 「私たちのチームに、より多くの貢献をしてチームメンバーの負担を軽減し、と思います。私たちは皆熱心に努力すればチャンスは我々の側になると思います。」

中国の新しい結合許ジチン(He Jiting)と周ハオとか(Zhou Haodong)は2次ダブルスの試合でSatwiksairaj RankireddyとChirag Shettyに14-21、14-21で敗れグループリーグ初黒星を記録し同点の1- 1タイを記録しました。

23歳のZhouは「今日、私たちは、ほとんどの時間をよくしていない相手チームが強力な攻撃を仕上げました。「私たちは準備が正しくされておらず、ゲームが続き、罠に陥ったのです。」

Lu GuangzuはSamer Vermaを14-21、21-9、24-22で抑え、中国に2-1のリードを抱かた。

“1セットとディサイダーでターンオーバーがとても多く、スコアが13-13になったとき。スマート強く仕上げたかった逆早すぎるスコアを失うました。Sameerがマッチポイントを得たとき、私の戦術はまだ通し運が良く試合をひっくり返した。 “

最後の2試合でLiu ChengとWang YilyuはMadathil Ramachandran ArjunとDhruv Kapilaを26-24、21-19で破り、Li ShifengはKiran Georgeを21-15、21から17に退けた。

日本も同じスコアで、マレーシアを破っDの1位に上がった。

金曜日準々決勝では、10回優勝した中国が、タイと、13回優勝したインドネシアが地元のライバルであるマレーシアと、開催国デンマークとインドが、2014年の優勝と2018年準優勝を占めた日本が韓国と対戦します。

READ  数字でみると、Nathan Chenのジャンプは新しい次元のスケートを加えます-OlympicTalk

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close