スポーツ

バドミントン:Soh:日本の服飾は、トップトリオの引退もかかわらず、依然として強い

PETALING JAYA:全国男子ダブルスエースSoh Wooi Yik(写真)は、日本代表チームで三人の巧妙なプレーヤーが引退したにもかかわらず、今後のSudirman CupとThomas Cup決勝戦で、日本はまだ強気を見せると考えている。

世界6位園田圭吾(31) – カー村武(31)と遠藤博之(34)は、最近、東京で行われた男子ダブルスの試合で、日本バドミントン選手権大会初のメダルを獲得していなかったし、先週、日本バドミントン協会に辞任を提出した。 オリンピック。

遠藤は渡辺ユタ(24)と、世界5位のパートナーシップを結び、3月に来てイングランドのタイトル防衛に成功した。

日本は現在、世界14位Takuro Hoki-Yugo Kobayashi、30位Takuto Inoue-Yuki Kaneko、31位Akira Koga-Taichi Saitoのような世界の選手たちに依存して、特にトーマスカップ中男子ダブルスタイを提供する必要があります。 。

しかしWooi Yikは、自分自身とパートナーAaron Chiaが新しい組み合わせを軽く受け入れる余裕がないと強調しました。

「引退した日本選手たちは、世界10位圏中に聞いた私たちには容易ではありません。」と、昨日連邦領土部からRM50,000現金インセンティブを受けた後、Wooi Yikが言いました。

「私たちは、今では若い選手たちを相手にしなけれし、彼らの試合をよく勉強してください。 “

Wooi Yikはまた、最近、東京オリンピックで銅メダルを獲得する過程で、それらを破って、インドネシア、世界最高の二のペアKevin Sanjaya-Marcus FernaldiとMohammad Ahsan-Hendra Setiawanの反発を予想しながら、ゲームを強化することを目的としています。 。

過去8試合でケビン – マーカスを破り、8試合ぶりの勝利を収めたが、牙山 – ヘンドゥラは9試合で2勝で、東京で銅メダルを取った。

「二、インドネシアペアに勝つことはこれまで以上に困難になります。それらを勝った後、彼らは復讐をしたいことと確信して、私たちは彼らと直面する準備をするのは難しい努力し(両チームのトーナメントのノックアウトの段階で彼らに会っ場合)。 “

一方、右翼は褒賞金についてFT部に感謝を伝えた。

「インセンティブに感謝します。 幼い頃からFTを代表してきた、国家代表チームに合流する前のキャリア序盤からFTが私を支えてくれた」と語った。

Wooi Yikの現金報酬は、マレーシアバドミントン協会(RM120,000)と100Plus(RM60,000)で支払われたインセンティブRM180,000から先週のポケットに入れたRM90,000を含む合計RM140,000です。

Wooi YikとAaronはまたNSC(National Sports Council)のインセンティブ制度であるShakamでRM100,000を追加で受ける予定です。

オリンピック銅メダリストの二人の選手は、毎月RM2,000の生涯年金も受けられます。

READ  2006年にスコットランドのキリンカップ優勝とブラジルの伝説ジーコの賛辞を覚えて

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close