スポーツ

バドミントン – 日本のシャトルバス、中国の支配に挑戦

2019バドミントン世界選手権-St。 Jakobshalle Basel、スイスのバーゼル-2019年8月25日、日本のKento Momotaが、デンマークのAnders Antonsenを相手に男子シングルス決勝優勝を祝う。 ロイタース/ヴィンセントケスラー/ファイルの写真

シカゴ、6月28日(ロイター) – オリンピックバドミントン史上初めて、日本は過去リオデジャネイロオリンピックでの脅威受けたスポーツで、中国の長い支配に挑戦するためにオリンピックに進出している。

男の世界No. 1、日本のKento Momotaは5つのトーナメントのカテゴリーの両方で、中国のほぼ二倍の上位5位の選手を保有しています。 女子ダブルスで上位ランキング両チームは日本人(福島ゆきと広田さやかが率いる)であり、中国が3位を占めています。

中国は1992年バドミントンが五輪種目になった後41個のメダルを獲得しました。 これは2番目と3番目に成功したチーム、インドネシアと韓国を合わせたもの二倍以上です。

しかし、日本とスペイン、デンマークのような国は、中国が金メダル2個と銅メダル1つだけ獲得した劉の現状維持に真剣に挑戦し始めました。

インドネシア、デンマーク、韓国、タイ、台湾の選手がオリンピックに進出する順位が高くなります。

米国障害者バドミントンのスティーブ・キニー監督は「日本は今実質強気を見せているが、中国の優位性を奪う他の国もある」と述べた。

二回のオリンピックと複数の世界チャンピオンであるLin Danも昨年に引退した後、中国チームで行方不明になりました。

それLinが、2008年以降、支配した男子シングルスのカテゴリでは、空白を残しました。 Momotaと、デンマークのViktor Axelsenは金メダルを獲得するために競争相手をリードしており、中国でのChen Longは世界ランキング6位を占めています。

中国はまだ東京での成功を享受されます。 Chen Yufeiは女子シングルス2位、混合ダブルスペアZheng Si WeiとHuang Ya Qiongが1位を占めています。

デンマークSteen Schleicher Pedersen監督は「中国は、特に混合レベルで、本当に支配だと思います。彼らは世界最高の選手2人を保有しています。」と言いました。

コロナウイルス感染症に起因する不確実性も、中国がいくつかの主要大会で競うことができなかったので順位を歪曲したことがあります。

「私たちは、選手たちが圧迫にどれだけうまく対処するかわかりません。多くの試合がキャンセルされたので、彼らはどのよういいか分かりません。」、デンマークのMorten Frostが言いました。 1980年代。

「それ興味津々です。 “

Richa Naiduのを見て、Ed Osmondの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  阪神連勝、西勇輝8回1失点の巨人打線の沈黙/詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close