経済

バフェットのバークシャー、日本5大トレーディングハウスの持分拡大

東京、11月21日(ロイター) – Berkshire Hathaway Inc (BRKa.N)億万長者ウォーレン・バフェットが運営する、日本の5大トレーディング会社それぞれの持分を少なくとも1%ポイント以上増加した6%以上で月曜日規制書類によると株価が上昇しました。

この動きは、2020年の日本貿易会社への投資が長期的であり、持分が9.9%まで上昇する可能性があるというバークシャーの声明と一致しています。

Berkshireの持分は三菱商事の5.04%から6.59%に増加しました。 (8058.T)Mitsui & Co Ltdの5.03%から6.62% (8031.T)Itochu Corpの5.02%から6.21% (8001.T)Marubeni Corpの5.06%から6.75% (8002.T) Sumitomo Corpの5.04%から6.57% (8053.T)

このニュースは三菱と丸紅が率いる5つのトレーディングハウスの株価を引き上げ、朝の取引で2%以上上昇しました。 (.N225) 指数はほぼ平らでした。

日本規制法は、上場企業の持分を5%以上所有した投資家が、持分を1%ポイント上げるか削る場合、営業日基準で5日以内に公示することを規定している。

Berkshireのトレーディングハウスへの投資の増加は、今月Taiwan Semiconductor Manufacturingで41億ドル以上の株式を購入したためです。 (2330.TW)大企業が技術部門に稀に重要な進出をしました。

山崎真紀子記者。 Jamie Freedの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ウォールストリートで株価が下落、連続赤字が続く

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close