スポーツ

バレーボール – 日本、29年ぶりに初優勝、イラン、ポーランド破っ壮大な衝突

東京、7月24日(ロイター) – 開催国の日本は土曜日空の有明アリーナで行われたA組の開幕戦で5セットを、ポーランドに折って29年ぶりに五輪で29年ぶりに初勝利を収め男子バレーボールのキャンペーンを開始しました。

日本がベネズエラセット連続勝利を収めたのは、1992年のバルセロナ大会以来初めてであり、前方から石川ゆき(15得点)と19歳高橋と(11得点)がスパイクを放ち、先頭を走っている。

日本が25-21 25-20 25-15で勝利し山内明宏(Akihiro Yamauchi)もネットからインスピレーションを受けた姿を見せた。 オープニングセットで16-16で両チームを分離することができることがなかったYamauchiは、連続点で3つのブロックを作って、日本をリードしています。

日本は第3セットで支配的なホストのための一方通行中きっ抗2セットでの優位性を決してあきらめませんでした。

Ishikawaは記者たちに「私たちは慌てず、私たちがやるべきことに集中しました。」競技場に観客がいた場合、明らかに、私たちに多くの動機を与えたのです。 しかし、ここにファンがないという事実は、オリンピックのために、私たちの動機を決して減少しません。」

イランは2-1 / 2時間以上、ポーランドと戦って世界2位のポーランド18-25 25-22 25-22 22-25 23-21で破り、勝ち点9をきっ抗接戦を繰り広げた。

Wilfredo Leonの勝ち23点率いるポーランドは6つの勝ち点を求め、さらに2つの勝ち点を決定したりしました。 疲労が加重されて両チームともひどい活躍を広げイランは7番目勝ち点で、最終的に勝利を収めました。

先に、イタリアは、A組でカナダを相手に2セット連続逆転勝ちを収めた。

カナダSharone Vernon-EvansとLucas van Berkelが序盤にほとんどの被害を受けたが、2016年の銀メダリストであるイタリアは、最終的にタイを作って、カナダに勝つホームを見つけました。

Alessandro MichielettoとOsmany Juantorenaのそびえ立つ、イタリアのデュオがそれぞれ24得点と21得点を記録しGalassi Gianlucaもネットブロックから4得点を記録した。

19歳のミッキーエレトは「オリンピックが初めてだ緊張したが、試合に集中しようと努力した。最も悲しいのは、ここで観客を見ることができないという点だ」と述べた。

B組で、アルゼンチンはロシアのオリンピック委員会のチームとの開幕セットで勝利したが、チームが13個のブロックを作成するときに33点を合算したMaxim MikhaylovとDmitry Volkovにすぐに圧倒されました。

2016年の金と銅メダルを獲得したブラジルと米国はそれぞれ、チュニジアとフランスを相手に1セットの連続勝利を収めました。

バンガロールでRohith Nairの報告; Christian Radnedge編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  レッドブルF1代表 "1ストップのレースがF1を退屈している"[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close