経済

バングラデシュ、日本と三菱の工場実現可能性調査のMOU締結

Mitsubishi Heavy Industriesのロゴが2016年7月4日、日本相模原の会社の相模原工場で見ることができます。 ロイター

MOU署名手順は、現在の最終段階にあり、今月中に署名される予定です。

バングラデシュのはすぐにバングラデシュの地に三菱の工場建設のための実現可能性調査のために、日本との覚書(MOU)を締結する予定である。

Nurul Majid Mahmud Humayun産業部長官は、Ito Naoki、バングラデシュ駐在日本大使との会談でMOU署名手順は、現在の最終段階にあり、今月中に署名されると言いました。

一方、Ito Naokiは、日本Mitsubishi Motors Company Limitedがバングラデシュの自動車製造工場を設立する実現可能性調査のためのMOUが仕上げの段階にあるという点にも満足感を示しました。


また、読む – 日本大使 “バングラデシュ、FDIより確保せよ」


会議は水曜日産業省で開かれた。

会議で産業部長官は、ビジョン-2041の実装で産業化を加速するために、より多くの国内外の投資を必要としました。

彼はまた、自動車、砂糖、農食品加工や船舶のリサイクル産業の拡大のために、日本の多くの投資を促しています。

彼は「日本政府はすでに、バングラデシュに自動車と肥料工場建設に投資することを約束した」と述べた。

会議では、産業プラントの設立と国の大規模な工業化を加速するための投資などの相互関心事について議論しました。

また、フーマユーンは、日本は、バングラデシュの長年の真の友人であり、両国は工業化、貿易と商業、文化、教育、科学技術とインフラ開発を含むさまざまな問題で長い間一緒に協力してきたと言いました。

彼は今後、相互協力の領域がさらに拡大すると固く信じていた。

READ  OnlyFans、ポルノ禁止計画撤回

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close