バングラデシュ、日本産業にもっとスペースを割り当てる

1 min read

シェイクハナナ首相は、火曜日にバングラデシュが望むならば、産業設立のために輸出加工区(EPZ)で日本にもっとスペースを割り当てると述べた。

首相は、日本代表団が自国の多くの企業がバングラデシュに投資することに関心があることを彼女に知らせたとき、こう述べた。

Sheikh Hasinaは、「バングラデシュは日本にEPZスペースを提供し、私たちはより多くのスペースを提供できる」と述べた。 [space] 日本が産業を設立したいなら」

中西裕介参議院総務委員長を団長とする日本国会代表団5人が、ダッカの金波班首相官邸で首相を予防した。

イフサヌール・カリーム首相の報道官は、通話の後、記者たちに説明をしました。

代表団は、日本とバングラデシュの間の既存の開発パートナーシップがさらに強化されなければならないと述べた。

代表団は日本が地下鉄鉄道を含む多様な大型プロジェクトを進めており、特にバングラデシュの大型プロジェクトをはじめとするインフラ開発に貢献していると付け加えた。

高輪成田間直行便の開始を歓迎し、接続性が向上すると述べました。

日本代表団はまた、貿易と事業のためにインド洋を平和に維持する必要性を強調した。 彼らはバングラデシュの女性能力の強化と教育の成功を高く評価した。

首相は「私たちの女子学生は男子学生よりはるかに多くの教育機関で勉強しており、女子学生に無料で教育を提供している」と話した。

シェイクは、日本に海水族館を建設するために日本の支援を求めました。

2023 年 9 月 5 日、日本財団の佐川恭平会長がダッカの金波バンでシェイク・ハナナ首相を予防する姿 — PID 写真

これに先立ち、日本財団の佐々川洋平会長は、カナババンで首相を予防した。 会議で、佐川は日本財団がバサンチャーのロヒンヤ族支援のために300万ドルを提供すると彼女に語った。

首相はロヒンヤ族に対して「故国人ミャンマーに帰らなければならない」と話した。

続いて、「ミャンマーは私たちの隣人に通信しています。 [Rohingyas] 本国に返さなければならない。

第二次世界大戦で10万人を超える人々が命を落としたとき、母と一緒に生き残った84歳の佐々川さんもバングラデシュと日本の友情を強調しました。

彼はハンセン病を根絶し、ハンセン病に苦しむ人々のリハビリテーションのためのバングラデシュの努力を高く評価しました。

日本財団理事長は今年10月、ダッカで開かれる全国ナ病会議に首相を招待した。

首相室の上級秘書館M Tofazzel Hossain Miah、外務大臣Masud Bin Momen、キッチングラデシュ岩馬きみのり日本大使が出席しました。

READ  Apple Watch Series 6実機レビュー血中酸素は15秒測定可能(シノ淳也)
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours