経済

バングラデシュと日本間の貿易協力取引

バングラデシュと日本が自由貿易協定(FTA)の先駆者として役立つと関係者らによると、貿易協力に関する了解覚書(MOU)を締結する予定だ。

署名は11月29-30日シェイクハナナ首相の日本訪問期間中に行われると彼らも言った。

ダッカはバングラデシュのアジア先進国の輸出を促進するためにFTAや特恵貿易協定(PTA)を締結するための共同妥当性調査を長く追求してきた。

しかし、日本は、地域のビジネスコミュニティでそのようなニーズが提起されていないため、提案を進めるのは嫌だった。

最頻開発途上国(LDC)であるバングラデシュ製品は、ほぼすべての商品に対して関税やクォータなしで市場にアクセスできます。 2021-22年度のバングラデシュの対日本輸出は、前年の11億8,000万ドルから小幅増加した13億5,000万ドルに達しました。

一方、2020-2021年度にバングラデシュが日本から輸入する費用は20億2千万ドルです。

日本-バングラデシュ商工会議所(JBCCI)は最近バングラデシュで活動する300社、現地企業、日本企業を対象にアンケート調査を実施した結果、大多数が両国が自由貿易協定(FTA)に署名しなければならないと期待していることで現れた。

Ito Naokiバングラデシュ日本大使は最近、ダッカで行われたイベントから東アジア諸国への衣料輸出が急速に増加しているため、両国間の貿易が現在30億ドル以上から2030年までに200億ドルに達すると期待しました。

彼は、両国間の貿易を行うほとんどの会社がバングラデシュが2026年に世界貧困国家クラブを卒業した後も関税特権を維持するために両国がFTAに署名したいと述べた。

しかし、ナオキは、バングラデシュが日本とのFTA、PTA、または経済パートナーシップ協定を締結するには、ビジネス環境を改善する必要があると述べた。

バングラデシュ貿易関税委員会(BTTC)は、日本とのFTAがポストLDC時代にバングラデシュに大きな利益になることを発見した日本とのそのような取引に署名することの長所と短所を研究しました。

READ  中国でさらなる成長緩やかな

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close