バンコクポスト – イラン、アジアカップで日本を脱落させる

Estimated read time 1 min read

イランは2019年の敗北を復讐し、ペナルティキックの遅れで優勝候補を派遣しました。

イランのアリレザ・ジャハンバッハシュ(Alireza Jahanbakhsh)が土曜日、カタールで開かれたAFCアジアカップ準決勝戦でペナルティキックを成功させ、自身のチームを決勝に進出させた。 (写真:ロイター)

カタール・ドーハ – イランはアライヤンのEducation City Stadiumで開催されたアリレザ・ザハンバフシュのインジャーリータイムペナルティキックでチームメリーに2-1勝利を与えた後、トーナメント8強でアジアカップ優勝チーム日本を脱落させた。

モリヤスハジメ監督が率いるチームは前半前の森田秀正を前に立て、55分モハマドモヘビーの同点ゴールがアジア3回優勝チームイランに有利に戻るまで準決勝進出を狙う姿を見せた。

板倉郷は94分、センターバックパートナーの竹弘富山ともつれたイランディフェンダーのホセイン・カナニを倒し、決定的なペナルティキックを出して忘れられない外出を終えた。

オランダのリバーチームフェイエノールトで、日本のストライカー上田綾瀬氏とチームメイトのジャハンバッハ市は、ゴールキーパー・シオン・スズキにチャンスを与えない左上隅に完璧なペナルティキックを入れて結果を確定しました。

これでイランは2019年アラブ首長国連邦アジアカップ4強戦で日本に0-3で敗れたことを撤回した。

アミール・ガレノエイ監督が率いるチームは、水曜日、ウズベキスタンや開催国カタールに対して準決勝戦を行い、日本の4大陸優勝記録と同点を成し遂げる努力を続けます。

森康日本監督は「過去二日間に選手たちとスタッフがよく準備したが、彼らの努力を結果に変えられなかったのが監督としてがっかりした」と話した。

森田は上田がスポーティングリスボンのミッドフィールダーに席を立てた後、28分に先制ゴールを入れ、スポーティングリスボンのミッドフィルダーはディフェンダーの群れを分け、ゴールキーパーアリレザ・ベイランドがゴールの中に外れるシュートを飛ばした。

READ  日本 - イギリス - イタリアの戦闘機、「縮小主義」の利点を強調
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours