バンダイナムコ元職員、5400万円横領容疑で逮捕

1 min read

東京警察は火曜日、会社資産5400万円(345,300ドル)を横領した容疑でバンダイナムコエンターテイメント(Bandai Namco Entertainment)元職員(59歳)を逮捕しました。

警察は、東京西部町田市の豊住洋一が2020年30回にわたり東京の中古店に許可なく会社所有スマートフォンなど約500台余りを販売した容疑を受けていると明らかにした。

警察によるとA氏は「疑う余地がない」と犯行を自白した。

調査によると豊臣は、在任期間中にゲームソフトウェアの開発に使用されるモバイル機器の調達、流通、管理を単独で担当したという。

警察は、彼が2015年から2022年までにモバイル機器約4,000台を不法販売して逮捕された5,400万円を含めて合計4億円程度を横領する可能性があると見ている。

豊臣は不法販売収益金をガールズバーなどのナイトスポット訪問など個人費用で使用したことが分かった。

ビデオゲームパブリッシャーの親会社であるバンダイナムコホールディングスは、2021年11月に会社システムに登録された端末数と実際に使用中のデバイス数で不一致が発見され、詐欺の疑いが明らかになったと述べた。

この事実が発見された後、豊臣は2022年12月の職位で解任され、2023年12月に刑事告発が提起されました。

バンダイナムコ関係者は「警察の調査に積極的に協力しており、今後このようなことが発生しないように内部統制を強化するのに万全を期している」と話した。

翻訳: 日本タイムズ

READ  文化交流イベント、ジャマ市キャンプジャマ子供たちの円満な関係を築く記事
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours