バークシャー・ハサウェイ、営業利益40%急増、現金記録記録

Estimated read time 1 min read

ヨハネス・アイゼル/AFP/ゲッティイメージズ

バークシャー・ハサウェイのCEOウォーレン・バフェット。


ニューヨーク
CNN

ウォーレン・バフェットのバークシャー・ハサウェイは、先週の土曜日の第3四半期の営業利益が急増し、その期間の現金保有額が1,570億ドルで史上最高値を記録したと発表した。

営業利益は合計108億ドルで、前年同期比77億ドル、40.6%増加しました。

バークシャーは昨年、同期間に28億ドルの損失を見せたのに対し、128億ドルの純損失を報告した。

ネブラスカ州オマハに本社を置くこの大企業は、前四半期に235億ドルの投資損失を記録したが、これは前年同期の104億ドル損失と比較される。

バークシャーの保険買収事業は、昨年同じ四半期の11億ドルの損失から24億ドルの収益を生み出しました。 保険投資収益は25億ドルで、前年同期比14億ドル増加しました。

バークシャーが所有し、米国最大の保険会社の1つであるGeicoは、10億5,300万ドルの買収利益を報告しました。

バークシャーは第3四半期に約11億ドルの株式を買収し、今年現在までの9ヶ月間に約70億ドルの自己株式買収を記録しました。

同社の現金保有額は、今年第2四半期の1474億ドルから1572億ドルに増加しました。

バフェットは今年初め 拭いた フィッチ・レーティングズは、米国の信用格付けを最高のAAA格付けでAA+に降格し、8月3日、CNBCにバークシャーが1週間前に同じ措置を取った後、その週に100億ドル相当の米国国債を買収したと明らかにした。です。

「次の月曜日の唯一の質問は、私たちが3ヶ月で100億ドルを買うのか、それとも6ヶ月で100億ドルを買うのかということです。 [Treasury notes]」とバフェットは当時言った。

国債の利回りは10月に過去10年間で見られなかった水準を超え、連준が2回目の連続で金利を安定させた後先週後退しました。

今年、米国の株式は人工知能に対する過大広告で上昇傾向を見せ、連준がすぐに金利の引き上げを中断し、昨年市場が急落したバークシャーのルーターから回復するのに役立つことを願っています。

会社の海外投資も成果を上げました。 バークシャーは2020年に日本上位5大貿易会社それぞれの持分約5%を買い入れ、当時の総投資額は67億ドルに達したと明らかにした。

その会社 倍に減った 今年の日本株式市場が33年ぶりに最高値に上昇し、各企業の持分を平均8.5%以上に増やしました。

バークシャー・ハサウェイのチャーリー・マンガー副会長は、10月に発表されたAcquiredポッドキャストとのインタビューで、投資について「神が箱を開けてそこにお金を注ぐようなものだった」と話しました。

バークシャー・ハサウェイクラスA株は金曜日の締め切り基準で今年に入って13.9%上昇し、ベンチマークS&P 500を下回りました。

READ  「iPhone 12 Pro」と「iPhone 11 Pro」を、実際の写真で比較印象ガラリと変わる
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours