バーミンガム2022コモンウェルズゲームの指名ポリシーが修正されました。

1 min read

2022年の英連邦ゲームの指名政策は、FINA世界選手権大会の再整備によって修正されました。

FINAは2月、日本で5月13日から29日まで開かれる予定だった第19回世界選手権大会を2023年7月14日から30日までに変更したと明らかにした。

しかし、2022年に世界選手権大会が開催され、「既存および新進受賞選手のための機会を最大化」するのに役立つことを確認しました。

6月18日から7月3日までハンガリーのブダペストで開催されます。

世界選手権大会のもともと5月の日付は、水泳選手が2022年のバーミンガム連邦ゲームに参加する潜在的な機会でもありました。

日付の変更により、もはやそうではなく、スイミングと障害者のスイミング指名ポリシーが変更されます。

予定より早い

Commonwealth Games Englandと水泳管理グループが変更を承認しました。

2022年、バーミンガム・イングランド・スイミングチームのリーダーであるグラント・ロビンス氏は、次のように述べています。

「これは、再編された世界選手権大会と英連邦大会の準備が完全な訓練と大会周期のために4月末に開始されることを意味します。

「私たちは今月、シェフィールドで開催されるイギリス選手権大会で、選手団にあらかじめ選択されていない水泳選手がバーミンガムの検討時間を達成することを目指すことを楽しみにしています.」

更新されたコモンウェルスゲーム2022水泳と障害者の水泳指名ポリシーを表示するには、ここをクリックしてください。

READ  日本大衆文化の中心地秋葉原VRツアー
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours