理科

パイ? 星を約3 14日周期公転する地球サイズのシステム外惑星が発見さ| sorae宇宙のポータルサイト

約3 14日公転する太陽系外惑星「K2-315 b “を描いたイメージ図(Credit:NASA Ames / JPL-Caltech / T. Pyle、Christine Daniloff、MIT)

マサチューセッツ工科大学(MIT)のPrajwal Niraula氏外の研究者は、「天秤座」の方向約185光年にある赤色矮星」K2-315」を回すエイリアンの惑星「K2-315 b」この発見したと発表した。

今回発見されたシステム外惑星K2-315 bの直径は地球と似てい(地球の約0.95倍)で公転周期は円周率を連想させる、約3 14日見られています。 質量はまだ明確ではないが、研究グループでは、地球のような岩石質系外惑星の可能性考えています。 主成分のK2-315は質量が太陽の約0.17倍、直径は太陽の約0.2倍の小さな星での温度は、摂氏3000度となっています。

研究に参加したMITのJulien de Wit氏この「最近では、人が少しの楽しみを必要としています」と語るように、研究成果をまとめた論文のタイトルはΠπ地球」(πは円周率、Earth地球)から開始され、研究グループの遊び心を感じさせます(参考観測によって決定されるK2-315 bより正確な公転周期は「3.1443189±0 0000049こと」とされています)。

地球サイズのシステム外惑星は、その環境にも気になるところですが、K2-315 bは主成分に近い軌道を回っているので、平衡温度(※)は、摂氏約180度で算出されています。 研究グループは、ジェームズウェブ宇宙望遠鏡(2021年10月に発売予定)が実施するシステム外惑星の大気の観測でK2-315 bが観測対象の有力な候補になることができるとしては、将来の観測で大気の有無と構成指標環境などこの発見するかもしれません。

※…大気の存在を考慮せずに、主に別の受信エネルギーと地球から放出されるエネルギーだけ考慮した温度

また、K2-315 bは2018年に運用を終えた宇宙望遠鏡「ケプラー」観測データをもとに、低温の矮星を回る地球サイズのシステム外惑星の発見を目指し「SPECULOOS」プロジェクト(ヨーロッパ南天天文台)望遠鏡のようなプロジェクトに参加しているMITの望遠鏡“アルテミス”観測によって発見されています。

画像クレジット:NASA Ames / JPL-Caltech / T.ファイル、Christine Daniloff、MIT
出典: / NASA太陽系外惑星のアーカイブ
文/松村武宏

READ  選択ランジェリー知る相性が良い男のタイプ[심리 테스트]- Peachy - ライブドアニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close