パスコ:日本のパンでラットの死体が発見され、リコールと返金措置

Estimated read time 1 min read

イメージソース、 株式会社パスコ 시키島

画像キャプション、 パスコパンは日本全域のスーパーマーケットどこでも見られるパンです。

  • 作家、 ケリー・ング&シャイマ・カリル
  • 役割、 シンガポールと東京で

日本で最も有名なパンブランドの1つが、自社製品でラットの死体が発見された後、数千のパケットを回収して払い戻しを提供しています。

パスコ志木島株式会社(Pasco Shikishima Corporation)が作ったスライスした白パン約104,000パックが棚から消えました。 黒いラットの一部が少なくとも2つの袋に見られた。

パスコパンは多くの日本の家庭の必需品であり、全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストアでどこでも見ることができます。

今週初めの声明を通じて、パスコは今週初めの声明を通じて、これまでその結果、病気になった人がいるという報告はなかったと述べました。

続いて「顧客と取引先、関係者の皆様にご不便をおかけした点を深くお詫び申し上げる」と明らかにした。

該当パンは組立ラインが中断された東京のある工場で生産された。

パスコはラットの死体が自社製品にどのように使用されたかは明らかにしなかったが、「再びこのようなことが発生しないように品質管理を強化するために最善を尽くす」と約束した。

その後、当社は、被害を受けたお客様がオンラインで払い戻しを申請できるように、ウェブサイトにフォームを投稿しました。

その製品はまた、米国、中国、オーストラリア、シンガポールなどに輸出されています。

高い衛生レベルで有名な日本では、食品リコールはほとんど発生しません。

しかし、最近の食品に関連するいくつかの健康上の問題が発生しました。

今月初め、宮城県北東部では、何百人もの学生が学校に供給された牛乳を飲んで病気になりました。

昨年、コンビニエンスストアチェーンセブンイレブンはおにぎりでゴキブリが見つかると謝罪してリコールを発表した。

READ  Simone Bilesは彼女が訓練された「秘密」、日本のジムに感謝いたします。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours