技術

パナソニック、中国の競争相手によって和食、太陽電池およびパネル中断

大阪 – パナソニックが太陽電池とパネルの生産を中止するとNikkeiは学びました。 前大手メーカーが今より低いコストで項目を生成することができる、中国の競争相手との激しい競争に直面しているからです。

パナソニックは、早ければ3月末、マレーシアと日本島根県の工場で生産を停止する予定である。 この動きは、大阪に本社を置く会社が昨年に太陽電池を生産したTeslaとのパートナーシップを廃棄した後、太陽電池の製造事業から完全に抜けたことです。

Panasonicは住宅発電システムの設置などの事業を通じて、電力産業にとどまるために他のメーカーの太陽電池パネルを調達することです。

国際エネルギー機関(International Energy Agency)によると、今年の新しい太陽光発電量は前年比10%増の1億1,700万キロワットに達すると予想されます。 中国のメーカーの生産の増加により、太陽電池パネルの価格は、2012年価格の約3分の1に低下した。

中国の競争相手の低価格のために、日本の製造業は、生産が中止されました。 パナソニックの太陽電池とパネル事業は、2017年3月に終了した会計年度以降赤字を記録した。

現在、ほとんどの販売は内需に基づいています。 しかし、日本の家庭用太陽光発電のためのインセンティブプログラムが2019年11月以降、ロールバックされており、需要が増加すると予想されていません。

パナソニックは、2011年に完全子会社に変貌した三洋エレクトリックの太陽電池事業をベースにしている。 源泉技術HITは、当時、太陽光を電力に変換するためにあり、世界で最も高い効率を持つと考えられた。 2009年パナソニックは3大メーカーになるという目標を立てたが、現在では市場シェア30%を占めた中国企業との価格戦争のために上位5位以内に入っていません。

しかし、パナソニックは、スマートシティの電力管理システムなどの部門に集中しながら、再生可能エネルギー事業に滞在する予定である。

太陽光パネルの製造を終了した後、島根工場は、太陽電池パネルから抽出した電気を直流から交流に変換するパワーコンディショナの生産に注力していきます。 カーパネルを生産する大阪工場は、従業員を移転することが期待される。

パナソニックが撤退することにより、KyoceraとSharpは、日本での太陽電池とパネルを生産する唯一の主要な会社になることです。 現在のグローバルシェアはジンコソーラーなど中国メーカーが支配しており、一時市場を主導した日本企業が立地を失っている。

READ  Lone Echo IIは最後のOculus Riftプラットフォーム独占です

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close