トップニュース

パナマの国旗をつけて航海した船、日本のブクブソ座礁、二つに分かれて

東京、8月12日(ロイター) – パナマ国籍の船が日本北部の港で座礁した後、二つに分かれて、油が漏れていたが、船員21人のうち、人命被害はなかった油漏れは跡形もなく制御されている。 海岸に到達したと日本の海上警察は明らかにした。

39,910トンの船 “Crimson Polaris」は水曜日の朝Hachinohe港で座礁したときの木の部分を載せていました。 かろうじてリリースされた悪天候のために離れて移動することができなかった、最終的に港から約4km(2.4マイル)のところに停泊しました。

2021年8月12日、日本の北部八戸市八戸港で座礁したパナマの登録船舶「クリムゾンポラリス」の様子。 例第2地域の沿岸警備隊本部 – 日本の沿岸警備隊/ REUTERSを通じた配布資料の注意編集者 – この写真は、第3者が提供した。 必須クレジット。

タイでの航海が最終段階にあった船舶が木曜日早く二隻に分かれたと沿岸警備隊が明らかにした。 長さ5.1km、幅約1kmの油膜がこの日遅く確認されたがスンチャルソンが封鎖措置を取っていた。

船舶の二つの部分は動かなかったスンチャルソンによって綿密に監視されており、午後遅くまでの状況に明らかに大きな変化はないと沿岸警備隊のスポークスマンが言いました。

Elaineの報告Shri NavaratnamとMichael Perryの編集嘘

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本、事業への影響と中国の利益を恐れミャンマーバランス法に直面

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close