エンターテインメント

パブの責任者:ウイルスコンプライアンス基金はビジネス矛盾を生み出します。

秋田―COVID-19 事前緊急措置の影響を受けていないバーやレストランは、そのような事業制限が適用される可能性があるよりも財政的に困難な状況に直面したとここにいるビジネスマンが述べた。

ドリームリンクの村上正彦(59)社長の経験によると、政府が提供する協力基金は、感染を防ぐために要請した措置で営業時間を短縮したり、酒類販売を中断した企業の損失を相殺する以上だという。

日本北部の秋田県庁所在地であるDreamlinkは、「居酒屋」和風パブである白鳥桃生ハンビーチェーンを含む全国で85店舗を運営しています。

村上氏は、「感染が広がっている地域の企業は黒字にとどまり、ウイルスのある地域の企業は赤字にとどまった」と述べた。 「そんな矛盾が起きています。」

村上氏は、同社は5回目の感染の波が頂点に達した2021年8月〜9月の期間に85食堂のバランスシートを比較したと述べた。

彼は、緊急事態や事前緊急措置が下された地域外に位置する会社の店舗が、緊急事態や事前緊急措置が下された地域の営業時間を閉鎖したり、短縮した店舗よりも事業実績が悪かったと述べた。

村上氏は、同社のすべてのレストランが、2019年に感染症が発生する前と同じ期間に収益を上げたと述べた。 2020年の同期間中ファンデミックが日本に至り、協力資金が支給されず、85社がすべて赤字を出した。

しかし、2021年の1年間、緊急事態地域に位置する食堂は31ヶ所、緊急措置対象地域には8ヶ所が黒字を出した。 ウイルス対策の影響を受けない46のレストランは、公開されているすべての損失を測定します。

東京・歌舞伎町区にある白栗田北ハンベイのパブが8~9月に緊急事態で閉鎖しました。 村上は協力金で1日10万円(865ドル)を受け、結局227万円の利益を得たと話した。

だが、同じ期間、JR秋田駅前のHakuri Tabai Hanbey’sパブは正常営業で151万円の赤字を出した。

この傾向は現在、6次大流行期間中継続されたと会社は伝えた。

ドリームリンクは、東京を含む34の都道府県が緊急措置を受けた1月末現在、全国42個の白栗田辺ハンベ店の暫定実績を比較した。

1月21日から非常対策が本格化した地域の33店舗のうち、21店舗が1月20日まで赤字状態だった。

しかし去る1月21日の営業時間を短縮したり閉鎖した後、33店舗すべて利益を期待した。

緊急事態以前の地域外に位置する9店舗のうち、5店舗は1月20日まで赤字であり、9店舗はすべて1月21日以降に赤字であった。

村上は、東京にいくつかのCOVID-19緊急事態や事前緊急措置が発表され、東京のDreamlinkのビジネスはとても耐えることができると述べました。

同社はまた秋田県で24店舗を運営しており、緊急措置が解除されています。

しかし、1月中旬頃から県内の新規感染者が増加し始めました。

秋田のナイトライフにある白梨太平ハンベイ店の一日のゲストは2~3人に過ぎない。 しかし、コンセントが空いていても人件費と家賃は会社が負担しなければならない。

村上氏は、「感染を成功裏に抑えた地域の企業は、財政的に困難に直面し、感染症の後に債務を返済しなければならない」と述べた。

彼は必要な人々にお金を分配する感染症関連の財政支援システムを要求した。

READ  虹惨事3周年記念大型フェスティバル「虹惨事Anniversary Festival 2021」のメインステージに出演ドライバ&ドライバ参加型企画情報公開! | 最初から会社のプレスリリース

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close