理科

パラリンピック選手たちに、より重要な暑さの測定

東京パラリンピック期間中の高温の日が続くと予想される中で、選手たちの安全確保と競技力向上のためには温熱疾患の予防が何よりも重要です。

気象庁によると、水銀は1ヶ月前のオリンピックが始まった以来30度を上回るし、相対湿度は約70%であり、過酷な気候が来週まで続くと予想されます。

東京オリンピック組織委員会によると、8月8日までの17日間のオリンピック期間中の合計59人の選手が発熱を患ったし、このうち6人病院に搬送されたと発表した。

アーチェリー選手岡崎愛子(C)が2021年8月27日、東京パラリンピックでアイスバックに熱を式ヒミョパラソルの下でマッサージを受けている。 (教徒)

コロナウイルスの流行による健康問題の増加に加えて、脊髄損傷を負った人のような、いくつかのパラリンピック参加者は、発汗を経験の少ないし、過熱する危険が高くなります。

脊髄損傷に上半身と下半身が麻痺したアーチェリー選手岡崎愛子(Okazaki Aiko)は金曜日の大会で制服の中に冷凍ゲル満たされたアイスベストを着ました。 彼女は「最後まで競合することができて嬉しい」と安堵した。

日本の障害者体育会の関係者は、「水銀が32度を上回る現場体感温度が40度前後になる可能性があり、選手たちに過酷な環境になるだろう」と述べた。

Nippon Sport Science Universityの生理学者Masaaki Sugitaは運動中体温を40°C以下に維持することは運動選手が競技力を維持するために不可欠であると言いました。

ヤシの木、首、頭の上に着用する冷却製品を開発したSugitaは「試合前、途中、体を冷やすような方法は、オリンピックとパラリンピックの選手の両方に重要です。」と言いました。

Nippon Sport Science Universityの生理学者Masaaki Sugitaが2021年8月20日、東京のオフィスで東京オリンピックのために開発したスポーツドリンクやパームクーラーを持っています。 (教徒)

9月5日まで開催されるパラリンピックのために、国際テニス連盟は車椅子に乗った選手が輻射熱により敏感なので、オリンピックよりも厳しい極限天気ポリシーを施行した。

車いすテニスでは、有明テニス公園の9つのコートの両方が大会初日(金曜日)気温が33度に達して熱ストレス指数が安全であると判断された以上続いて競技が6時間以上遅れた。 開始時刻午前1​​1時

熱中症を避けることに加えて、体温を調節することが選手の競技力を高める鍵となり、科学的方法を使用して、身体の状態を改善することにより、オリンピックとパラリンピックで別の競争の場を開きました。

日本は1964年、東京オリンピックから2004年のアテネと同率を記録した、以前の最高記録である16個をはるかに超える27個の金メダルオリンピックを終えました。

日本が2013年大会の誘致に成功した後、研究に基づいて、オリンピック選手たちのために開発された、より洗練された訓練の技術と冷却用品、スポーツドリンクが記録的なメダル獲得に重要な役割をしたそうです。

日本のオリンピック委員会の科学サポートを担当していた杉田も選手たちの汗を分析し、どのような成分が失われていることを追跡して熱けいれんの予防に役立つ特殊飲み物を作った。

飲料には、ナトリウム、カリウムなどのさまざまなミネラルが含まれており、汗で失われると、彼は言いました。

日本の池田コキ(右)と山西町ズ(左)が2021年8月5日、日本の北部札幌で開かれた東京五輪男子20kmランニングで試合を行っている。 (教徒)

オリンピックレースウォーカー池田コキと山西町カズは8月初めに行われた男子20kmレースで飲み物を飲んで銀メダルと銅メダルを取った。

7度、0度、マイナス10度の3つの温度で提供されているクーラーはマラソン、セーリング、調整、カヌー、スケートボードにも使用されており、これらの飲料はテニス、トライアスロンなど、計15種目に供給された。

杉田がオリンピック期間中、政府受注に開発した製品が商用化される予定であり、飲み物は秋に販売される予定である。

ファンデミクによりオリンピックとパラリンピックが1年延期されたためSugitaは日本代表チームが2019年にドーハで行われた世界陸上選手権大会のようなイベントで、最新の方法が公開され暑さ対策よりも、いくつかの利点を失ったと言いました。

日本の陸上連盟科学研究委員会委員長でもある杉田は「他の国は、暑さ対策に力を注いでいる」と述べた。

彼は「しかし、最も重要なのは、選手たちの安全だ。対策がなければ、より多くの選手が、その暑さに倒れたと確信している」と五輪最後の4日間、札幌で開かれたマラソンと競馬場を見て回っている。 。

煙なる前暑懸念のために長距離のイベントが東京で北札幌に運ばれたが、当時、予期せぬ猛暑が近づいてきて日本水道と同じように猛暑が続いた。

Sugitaは暑さが一般化されトップクラスの選手をサポートしている過程で作られたノウハウと新製品を大衆に知らせることが重要であると言いました。

体育の授業、サークル、お年寄り、素人スポーツが好きな方など、地域社会に知識を戻してほしい」と語った。


関連の適用範囲:

焦点:日本の夏の暑さは、選手たちのためのオリンピックサイズの挑戦です。


READ  研究者は、将来の災害を予測するために、日本、チリ周辺の過去の津波の事件を分析します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close