パラリンピック:元プロ岡本慶次、スノーボード物語の新章を開く

Estimated read time 1 min read





日本のスノーボード選手岡本慶次(左)と市川隆人が、2022年3月11日、中国長子勇のゲンティンスノーパークで開かれた北京障害者オリンピック男子バンクスラローム競技のSB-LL2等級分類後、写真を撮っている。 (刑務所)

ZHANGJIAKOU、中国(刑務所) – スノーボード選手の岡本ケージのための北京の戦いが金曜日のバンクッドスラローム戦で13位に終わったが、日本のパラリンピックデビュー選手は頭を上げてどのように改善するかを知って中国を出発します。

元スノーボードプロ選手岡本は、中国北部の長子庵にあるゲンティンスノーパークで開かれたSB-LL2等級に出場し、同等級のスノーボードクロスイベントで8位を記録した。

「率直に言えば、結果に満足していない」と同等級のタブチシンジ(Shinji Tabuchi)と同胞である市川高人(Takahito Ichikawa)が8位になった金曜日のレース後、40歳の選手が語った。

「しかし、私たちの2番目の章はここから始まります」 岡本が言った。 彼は、冬季ゲームで勝利し、機会を最大限に活用したいという願望が彼を対等な力で前進させた。

オリンピックゲームは単にメダルを獲得するのではなく、多くの場合、人生を変える出来事に耐えた選手が登場するパラリンピックの場合はさらにそうです。 グローバル舞台で舞台を繰り広げるために逆境を勝ち抜いた人々の話は格別な感動をプレゼントする。

岡本はスノーボードクロス大会が終わった後、記者たちに「重大事故で一瞬で人生がほぼ終わりそうだった私のような人が私の話を聞きたくなる段階に至ったことは本当に驚くべきことだ」と話した。 。

日本西部神戸生まれで熟練したフリースタイルスノーボード選手で2007年にチームを結成しましたが、7年前、日本中部長野県の山岳地帯でライディングをしていたうちに事故で進路を変えました。

彼は崖から10m離れたところで、3番目の腰椎骨折を受けながら脊髄を傷つけました。

医師は生涯を車椅子で過ごすと言いましたが、集中的なリハビリと家族や友人の助けを借りて、岡本は2016年にパラスノーボードを始めることができました。

そのような衝撃的な経験から抜け出すと、彼は自分が経験している経験に感謝するでしょう。

「誰にもこんな舞台で瞬間を楽しむことができないのか?」 左に比べて右下にもっと深刻な障害がある岡本に聞いた。

スロープスタイルライダーとしてのキャリアをもとに、スノーボードパークの建設に参加した岡本も、2018年に日本でスキーやスノーボードを楽しめる場所を探すのに役立つモバイルアプリを発売しました。

北京でメダルを獲得できなかった後、彼は日本の男性スノーボードの代表チームが今、自分の弱点をよりよく知るようになり、さらに強くなり、競争力を備えることになると約束しました。

岡本は「筋肉と体重を増やして筋力を育てる」と誓った。

日本男子スノーボード6人組の代表チームの中、小栗大一湾が2018平昌パラリンピックに出場した。 残りのチームは北京パラリンピックを初めて味わいました。

彼は「今後4年間でさらに発展し、次の試合ですべてメダルを獲得したい」と話した。

READ  中国冬季オリンピック外交的不買運動は正しいことです
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours