世界

パリでコロナ19対策反対デモ隊、警察との衝突

2021年7月24日にフランスのパリでコロナウイルス感染症(COVID-19)の発症と戦うためのフランスの制限に反対する「黄色いチョッキ」(gilets jaunes)運動と呼ばれるデモでデモ隊がプラカードとバナーを挙げている。 REUTERS / Benoit Tessier

パリ、7月24日(ロイター) – フランス鎮圧警察が土曜日、パリ中心部からコロナ19制限とワクチン接種キャンペーンに反対するデモが行われると、競合が発生すると、催涙弾を発射したとTVが報じた。

警察は、デモ隊が二人の警察官が乗っ白バイを倒した後、首都のGare Saint-Lazare駅の近くでデモ隊を鎮圧するために努力したテレビ画像が示している。

画像は首都の距離に重い警察の存在を示しました。 警察とデモ隊の乱闘は、シャンゼリゼ通りで催涙弾が発射され、交通が制御されたことが分かった。

パリ西部の極右政治家が歌った別のデモでコロナ19対策に反対するデモ隊は「独裁をボート」と書かれた横断幕を持っていた。

フランス全土でマルセイユ、モンペリエ、ナント、トゥールーズなどの都市でデモが計画された。

フランスの内務省関係者は、土曜日に全国で16万1000人デモをしたと述べた。

フランスの議員らは、この週末に、政府が医療従事者のための健康出入証と義務的な予防接種を設定するために草案を作成した法案に投票する予定です。

Matthias Blamontの報告; Helen Popper、Edmund BlairとClelia Oziel編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  インド亜種がより伝染性があるとWHOは言う。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close