世界

パリを震撼させた斬首テロの背景に拡大コロナ不安|六辻中指| コラム

事件直後会見マクロン大統領(2020年10月16日)Abdulmonam Eassa / Pool via REUTERS

パリ近郊で男性が頭を落として殺害された事件は、イスラム過激派によるテロ見える

・専門家の間では、フランスのだけでなく、各国でコロナをきっかけに、テロの危険性が高まると予測されてきた

・大きな衝撃となった今回の事件は、触発された他のイスラム過激派によるテロと白人優越主義者による報復テロを呼んですることもでき

パリ近郊で発生した男が首切られたという凄惨な事件は、コロナによってテロの脅威が拡大していることを示している。

斬首テロの衝撃

パリ北部で16日、サミュエルパティさんが頭を切り取ら殺害された。

犯人は走ってきた警察によって銃殺された。 警察によると、犯人は18歳のロシア、チェチェン出身とみられている。

事件後Twitterに被害者に見える頭の写真が掲載されたが、後削除された。 警察は、このアカウントの所有者を調べている。

犯行を受けマクロン大統領は「イスラム過激派によるテロ」との見方を示した。 犯行前後犯人は「アッラーアクバル(神は偉大でも)」と叫んだ告げる。

報道によると、被害者の男性は、歴史教師の授業で、多くの場合、イスラムの預言者ムハンマドの風刺漫画を素材に「表現の自由」について話すことができたという。 その風刺画は、フランスの新聞社シャリボン・エブも、この掲載2015年に会社が武装組織「アラビア半島のアルカイダ」に襲われた12人が殺害されたきっかけとなったのだった。

何よりも、男性教師は風刺画を教材とする場合は、クラスのイスラム教徒の学生に「不便しないように」教室で一時的に出てくるように促すだけの配慮があったという。 それでもイスラム教徒の学生の保護者からしばしば不満があったとも報じられている。

犯人が被害者と直接接触があったのかなどは、現時点で知ることができないが、被害者は事件直前脅迫状を受け取った場合、周囲に漏洩した。

コロナがテロの危険性を増加させる

凄惨なテロがフランスにもたらした衝撃は大きく治安責任床多難内相は、モロッコ外遊中だった急遽帰国した。 背後関係などの詳細は、捜査の進展を待たなければならない。

フランス政府が強い警戒心を見せているのは、連鎖反応的にテロが拡散されているではないかという危機感があるからだ。

次のページ過激派が活発

READ  中国では今年2600万トン廃棄される衣類のリサイクル進まず - 古着の輸出 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close