パリオリンピックに日本代表として出場する有望青少年たち

Estimated read time 1 min read

パリ夏季オリンピックが100日、今後となる。 これまで有望な青少年を含め、約100人の運動選手がフランス首都で日本代表チームのために競争する場を確保しました。

オリンピックがパリで開催されるのは100年ぶりに初めてだ。 今回のイベントは7月26日開幕式とともに公式に始まる。 約10,000人の選手が329種目でメダルをめぐって競うと予想されます。 32種目が代表されます。

日本では女性サーファーの松田しのが6月にオリンピック出場機会を確保した初の選手となりました。 それ以来、NHKは約100人の他の選手が資格を得たことを知りました。

スイミングチームには、将来を望む一対の青少年が含まれています。 17歳の成田未央と18歳の松下智之は、3月の予選でプレーを予約しました。

卓球では、15歳のハリモトミワ(Harimoto Miwa)が自分の技術と今後さらに発展する可能性のおかげで、団体戦出場選手に選ばれました。

ダイバータマイリクトとスポーツクライマーアンラクソラトはどちらも17歳でメダル希望者です。

他のスポーツでは、女子バスケットボールの代表チームがパリに向かって、以前の東京オリンピックで達成した銀メダルに基づいて努力します。

男子バレーボール代表チームは2008年北京大会以後初めて本選進出を確定した。

日本は東京オリンピックで歴代最多の58個のメダルを獲得しました。 今回のイベントはコロナ19事態により1年延期され、2021年開催された。

READ  日本の孤独な労働者にCOVID-19は帰郷を取得します
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours