スポーツ

パリオリンピックデビューを控えて新たな境地を開拓する日本のダンサー



この2021年12月12日の写真は、神奈川県川崎の学校ジムで子供のためのブレイクダンスのデモンストレーションクラスを示しています。 (刑務所)

川崎、日本(刑務所) – パリオリンピックまで2年が残った日本のブレーキダンサーは、ストリートダンスジャンルが世界最大のマルチスポーツ大会に含まれ、人気を高め、グローバル強国として日本の地位を高めることを願っています。 。

日本のブレイクダンシングコミュニティは、日本選手たちが記録的なメダル獲得を達成した2021年東京オリンピックの成功波に乗ることを目指し、4年ごとに行われる大会のフランス首都復帰準備に拍車をかけています。

広く知られている分野である「ブレーキング」では、ダンサーはDJが演奏する音楽に合わせて即興的に踊り、ヘッドスピンや脚を広げる風車など体を曲げる曲芸と様式化されたフットワークを披露します。

初期のニューヨーク市ヒップホップシーンで発展してから約50年が過ぎた2024年パリオリンピックでは、32人のダンサーが性別によって2つのメダルをめぐって競争することになります。

2018年、ブエノスアイレスユースオリンピックで2つの金メダルを獲得した20歳のダンサーラム・カワイは「ブレーキングの魅力はダンサーごとに独特で個性あるダンススタイルがあるということだ」とし「絶対追いつかない」と話した。

「みんながブレーキングを知る日が来てほしい。パリオリンピック前までは知らない人が多いかもしれないが、日本のダンサーが金メダルを取ったら変わることができると思う」と彼女は言った。 。

オリンピックでビボイ(b-boy)とビーガール(b-girl)として知られているダンサーは、単独戦闘に直面し、パリセン川流域の主要広場であるコンコード広場で審査を受けます。 3×3バスケットボール、スケートボード、BMXフリースタイルなどの他の都市スポーツの本拠地でもあります。

発展をスピードアップするために、日本ダンススポーツ連盟は正式に2019年にブレイクダンスセクションを開始しました。 日本のダンサーたちも最近、国際大会で成功を収めた。 例えば、河合と中井重之が合計3つのメダルを獲得したユースオリンピック、ベテラン福島あゆみが女子部門で優勝した12月の世界選手権大会。

JDSFブレイクダンス部門を率いる40歳の石川かつゆきは、ベテランダンサーたちが経験を伝授するネットワークである「ヒップホップの木」があるため、日本がグローバル強国になったと話しました。 青少年に知識を提供して改善できるようにします。

Katsu Oneという名前で演奏する石川は、「私が子供の頃よりダンススタジオを増やし、より多くの人々が若いダンサーを教えています。両親もブレーキを非常に真剣に受け入れています。」

ブレーキは、2020年12月にパリオリンピックプログラムに若い観客を参加させるためにゲーム組織委員会が提案した4つのスポーツの1つに含まれていました。 しかし、スポーツクライミング、スケートボード、サーフィンなど他のスポーツがすべて東京オリンピックで競合を繰り広げたため、オリンピックデビューをした唯一の種目です。

東京オリンピックでは、この最初のスポーツはコロナウイルス感染症のために観客が不足しているにもかかわらず、地元で多くの注目を集めました。 主に各種目でメダルを獲得した日本選手たちの成功のおかげです。 スケートボードは、日本の若い選手で構成されたチームが4種目から金メダル3個を含む5個のメダルを席巻し、途方もない人気を得ました。

5歳でブレイクダンスを始めたカワイは、特に東京オリンピック閉会式に日本の国旗を持って国立競技場に入場した6人のうちの1人で参加した後、パリで同じ影響を与えたいというインスピレーションを受けたと話しました。

カワイは、ダブルスイミング金メダリスト大橋結衣をはじめとする東京オリンピックメダリストとの経験を思い出し、「彼らはとても自信を持って見えて、とても素敵で大胆に見えました。パリで彼らのようになりたい」と話しました。

石川は当初、撃破がオリンピックスポーツになるアイデアについて「複雑な感情」があったと述べました。 なぜなら、ダンスバトルが採点されないダンススタイルの本質的な街文化の本質に反するのではないかと恐れていたからです。

しかし、彼は機会を最大限に活用したいと話し、東京で日本のスケートボーダーの成功によって生み出される興奮を見て、さらに決心しました。

彼は「破線にも同じことが起こりうるという考えに悪寒を感じた。しかし、同時にその機会を最大限活用するために、私たちができることをしなければならないので不安だった」と話した。

「もちろん日本が追求するメダルの色を問うなら金メダルだろうが、メダルだけでなく撃破の価値を高めたい」と付け加えた。

ブレーキダンスはまだ日本のテレビでは一般的ではありません。

D-リーグラはプロリーグが2021年1月に発足しました。 11月に始まる2番目のシーズンには、オリンピック出場権を狙うブレーキダンサーがいます。

日本のブレイクダンスメッカとなった東京郊外の産業都市である川崎は、撃破やその他のストリートスポーツを強調し、より多くの若者を誘致しようとしています。

石川川井の出身地である神奈川県では、三条の口駅前にダンサーが集まって踊る姿がよく見られ、一部は窓を全身鏡として使用することもあります。 この地域のあるクラブでは、長い間ブレーキイベントを開催してきました。

12月には小学校の学生たちを対象にブレーキング、ヒップホップダンスなどストリートスポーツを練習できるデモ教室を開催した。

約40人の子供たちが地元の学校ジムで1つのセッションのうちの1つでブレーキングを試みました。 そこでダンサーが基本的なスキルを説明し、アクションに従うことを聞きました。

10歳の小学生のTowa Uenoは「とても面白くてまたやりたい」と言いました。 「オリンピックで壊れるのはとても素敵です。見たいです」

ダンス旅行で世界を旅した石川は、言葉の障壁にもかかわらず、見知らぬ人がダンスを通して結びつくことができると信じているので、若いブレークダンサーがどこでも友達を作ることができると言いました。

彼は「ブレーキングの魅力は本当に多いが、出身に関係なく人々と絆を持つことができるというのが最大のポイントだと思う」と話した。 「私たちはお互いを理解できると思います。私たちのコミュニティはユニークで、その一部になるのはとても面白いです。」

READ  巨人岡本3年連続30発、先人を超えると成長せよ十分 - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close