パリ2024女子バスケットボール代表チームプレビュー:日本

1 min read

町田の不在により、新興人材が舞山本(Mai Yamamoto)に進む機会が開かれました。 24歳のガードは日本3X3チームの一員として初めて国際的な成功を収め、2019年FIBA 3X3 Under-23ワールドカップで日本初のバスケットボールの世界タイトルを獲得しました。 3X3チームが東京オリンピックで5位を獲得するのを手伝った後、山本は2ヶ月後にヨルダンで開かれたFIBAアジアカップで金メダルを獲得した5対5シニアチームの一員としてさらに認められました。

山本は去る2月、ハンガリー・ソフロンで開かれた2024 FIBA​​女子オリンピック予選トーナメントで彼女の新鋭スターダムを真に見せました。 トヨタ・アンテロペは、アウト当たり平均17.0得点、3.7リバウンド、3.7アシストを記録し、フィールド成功率62%を記録し、トーナメント得点をリードした。 山本は日本が4回連続オリンピック出場権を獲得した功労で最優秀選手賞を受けました。

ヤマモトとマチダの両方が日本のオリンピック代表チームに選ばれた場合、赤月ファイブは大会で最高の攻撃バックコートの1つを保持します。 日本が情熱的なバスケットボールブランドをプレイする中で、チームをノックアウトラウンドまでプッシュするこのダイナミックなデュオを探してみてください。

READ  日本映画はカーンで注目すべき力を証明した。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours