トップニュース

パンダの子、日本の動物園での屋外デビュー

4ヶ月の子パンダが日本西部和歌山県の動物園での屋外デビューした。

雌の子は、昨年11月に白浜秒アドベンチャーワールドで生まれました。

動物園は、一般に名前を提供するように要求しました。 3つの選択項目が含まれている候補者のリストに投票した後、彼女は先月、「Fuhin」に指名されました。

水曜日にジャーナリストは屋外の遊び場でプヒンを見ることができました。

彼女のゴールキーパーが彼女を芝生に下に置いたときに、彼女は太陽を吸収するために仰向けました。 彼女はまた、乗り物に乗って上がっていこうとしました。

ゴールキーパー吉田智子はフヒンが周辺の新しいものに関心を見せ始めたと言います。

YoshidaはFuhinが太陽の下精力的に遊ぶしたいと言います。 彼女は子が強く健康になることを望んで言います。

訪問者はまだ屋外で遊ぶプヒンを見ることができませんが、動物園では、彼女のビデオをオンラインで公開する予定です。

READ  日本航空、全日制の代替燃料としての初飛行運航 - AirlineGeeks.com

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close