ヒューマン(Humane)、ソフトバンク(SoftBank)と提携し、日本のAI経験革新

Estimated read time 1 min read

ヒューメイン株式会社 木曜日に通信事業者パートナーシップ計画を発表しました。 ソフトバンク株式会社(ソフトバンク) Humane Ai Pinは、最初のスタンドアロンAiデバイスであり、独自のAiベースのOSであるCosmOSです。

戦略的投資機会の一環として、今回のパートナーシップを通じて、SoftBankは日本でAi Pinの独占通信プロバイダーとなり、SoftBankの最高水準のサービスと強力な顧客接点を活用してAi Pinを新市場に披露すると両社は声明で述べた。 。 。

ステートメントによると、SoftBankとHumaneは、他のモバイルデバイスにCosmOSを導入する方法を模索し、日本でサードパーティのサービスとAI(AI)ベースのユーザーエクスペリエンスで構成されたアプリレスエコシステムのために協力します。

SoftBankの強力なビジネス基盤と広範な加入者基盤をHumaneのAI高度な開発と組み合わせることで、この協力により、地域の全く新しいデバイスカテゴリとOS製品が誕生します。 これは、日本の消費者のためのAI技術のかなりの進歩を意味します。

「SoftBankとのパートナーシップにより、私たちはより直感的でシームレスなAI体験のビジョンを日本の消費者に直接伝えることができました。

Humaneの共同創設者であるImran ChaudhriとBethany Bongiornoは、「今回の協力は、イノベーションへの私たちの共同約束とAIが私たちの日常生活でできることの境界を再定義するという証拠です」と述べました。

SoftBank Corpの商品部門の責任者である吉田哲也副社長は、銀行が通信事業の持続可能な成長を促進するためにAI技術を活用して顧客体験を向上させることに専念してきたと述べた。

「Humane Inc.とのパートナーシップを通じて、HumaneのAI技術と高度なモバイルネットワーク、IoT、クラウド、AIコンピューティングなどの分野の専門知識を組み合わせることで、人々の日常生活を豊かにする大きな可能性があると確信しています。 。

続いて「今後AI技術を顧客に近づけるよう努力する」と付け加えた。

Imran ChaudhriとBethany Bongiornoが2019年に設立したHumaneは、インテリジェント時代のための技術とプラットフォームを構築している米国ベースの会社です。

最初の製品であるHumane Ai Pinでは、消費者はどこでもAIの力を活用できます。 彼らは、AIが主導する次世代のパーソナルモバイルコンピューティング時代を提供するための使命であり、Microsoft、OpenAI、Qualcomm Technologies、Inc。 そしてT-Mobileと提携しました。

SoftBank Corp.は日本と世界中で通信・IT事業を運営しています。

ソフトバンクは、AI、5G/6G、モノのインターネット(IoT)、デジタルツイン、HAPS(High Altitude Platform Station)ベースの成層圏通信を含む非地上ネットワーク(NTN)ソリューションやその他の先進技術の力を完全に活用することにより、Corp. 「デジタル社会の発展に不可欠な次世代社会インフラを提供する企業」を目指しています。

ソフトバンクが支援するリュイド(Riiid)、韓国教育技術企業クアルソン(Qualson)買収

READ  Naomi Wuによって書かれたエレクトロニクスのための新しい必須ガイドでは、他のShenzenについて詳しく説明します。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours