entertainment

ヒロシが言うロットワイラー “ジムニー’30年落ちもケタ違いの走破性| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

鈴木ジムニーは今年で誕生50周年の節目を迎えた。 2018年フルモデルチェンジした新型車は人気が衰えず、出荷まで1年待ちだ。

そんなムニウル必要に応じてカスタマイズしたり、車中泊を楽しんでください」ジムニースト」が増えている。 また、コロナ災害今車内作業室にリモート操作をするサラリーマンもあるという。

ムーニーをこよなく愛する芸能人ヒロシ(48)に魅力と操作法を存分に語ってくれた。

「私は、グループのキャンプに弱く、ソロキャンプ(一人でキャンプをすること)を開始しました。 しかし、徐々にキャンプ場で「ヒロシがある!」と、SNSに上げることが多くなってしまっているので、1000坪ほどの広さの山を買った。

最初は無人島望んだが、そこにはいくつかの億円もかかる無理。 だから外車の数十分の一の価格で買うことができる酸にしました」

ヒロシはこのように苦笑する。 後ろシティ阿諏訪泰義やバイキング西村水樹、純一ダビッドソンなどのコメディアンもメンバーとなっている「焚き火会」では、ヒロシの愛車・ムーニー(JA11C前期型)が活躍する。

「4年前に購入した。30年前に自動車だ100万円驚きました。クーラーの調整もボタンの代わりにレバー。効果も悪い。もちろんマニュアル車しかも屋根は一人なので、かなりのリークがあります。乗り心地?それを聞いていますか?

しかし、「そのようなチャニカ」と考えているので、不思議気になりません。 ただし、洗車機にかかっていないので、トイレをしなければならないのが大変ですよね」

旧車ですので、交換部品欠品が心配されるが…

「ジムニーは古く人気のために何かあっても困らない。この前のミラーが取れてしまいましたが、ヤフーオークションで見つけた場合はありました」

そんなムーニーは山に入るとの唯一の作用をする。

「走破性がケタ違いであるため、泥などで車輪が空転も怖くありません」

山でキャンプのためのテント、キャンプファイヤー器具、調理器具などが積まれているヒロシのムーニー。 また、「もし」の場合に備えも万全だ。

「岩に上がってたり脱輪するときのために救助板とシャベル、牽引ロープを持っています。それバッテリーが上がるときのためのジャンプスターター、さらにほとんど使用していないのに、トランシーバーもあります」

ヒロシはムーニーに真剣に、反している。

「スポーツ光であれば、ぜひ第二は、ムニウル持ってほしいですね。中古であれば、20万円から30万円で購入することができます。私は一生ムニウル置かないでしょう」

(Weekly FLASH 2020年9月8日)

READ  「寿命4年「シマ大輔ダイエット成功」長生きしたい」 - 芸能:日刊スポーツ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close