経済

ビジネスのために再開されたアジア、アイルランド企業に機会を提供

アジアはアイルランド企業とのビジネスのために断固として開かれています。 今週、Taoiseach Micheal Martinが日本とシンガポールを訪れたときに現れた明白なメッセージでした。

一部の国では観光客に対する感染症に関する制限が残っていますが、ビジネス旅行者は急成長している輸出市場を訪問し、Kingspan、Kerry Group、ICONなど、この地域で首尾よく勝利したアイルランドのトップ企業グループに参加することができます。

G7国家で世界3位の経済大国である日本は、
1億2,500万人が居住するため、市場はアイルランドの輸出業者に絶えず重要な機会を提供します。

Enterprise Irelandは先週2021年の年次ビジネスレビューを発表したが、この報告書によると、Enterprise Irelandの支援を受ける企業の日本輸出が昨年記録的な水準に増加し、史上最高値の2億7,700万ユーロに達し、11.1%増加した。 。 Enterprise Irelandが支援する約200社のクライアント企業が定期的に日本に輸出しており、市場での成長を支援し、日本で最大2,000人の従業員を雇用するために50社以上の地元支店を設立しました。

デジタルイノベーションは日本の中心的な焦点です。 つまり、政府と民間部門は、この分野で新しい革新的なソリューションを見つけることに熱心です。 他の多くの市場と同様に、持続可能性も高いアジェンダであり、デジタルおよびデータ駆動型の環境に優しいソリューションに対する需要が高い。 これは、ライフサイエンス、フィンテック、ソフトウェア、高度な製造分野でよく確立された企業の機会を追加します。

Taoiseachは、この重要な地域訪問でアイルランドの代表団を率いて、東京で岸田文夫日本首相の熱心な歓迎を受けました。 そこで両国は、経済に重点を置いた「共有された野望を持つ仲間関係の推進」という共同宣言に署名しました。 協力と協力。

日本にいる間、TaoiseachはEnterprise Irelandの顧客会社と円卓会議を開催し、重要な市場マイルストーンの一部を認めました。 これには、エネルギー技術会社GridBeyondのための日本の新しいオフィスの開設、日本の会社Alaxalaとのインフラ自動化専門家Ubiqubeの新しいパートナーシップ、日本におけるICONの主な買収、および市場拡大計画が含まれます。

日本では、Taoiseachとアイルランドの代表団がシンガポールを訪問し、Lee Hsien Loong首相とLawrence Wong副首相兼財務大臣に会いました。 アイルランド企業から東南アジアへの輸出は2021年に8%増加した3億9,200万ユーロであり、シンガポールは10%増加した1億1,600万ユーロを占めました。

シンガポールは人口540万人の比較的小さな島国ですが、英語が広く使われているため、アイルランド企業が東南アジアの巨大な貿易ブロックに参入するのに理想的な足場です。

6億8,200万人が居住しているこの地域にはインドネシア(2億7,300万人)、
ベトナム(9,700万)とタイ(7,000万)。

Fintech、regtech、医薬品、健康技術は、ハイテク建設、教育、食品とともにシンガポールの重要な分野であり、農業技術は東南アジアに進出する際の大きな機会でもあります。

今週の訪問期間中、9つのアイルランド企業がシンガポールで契約を締結しました。 これには、ICDL、Intuition Publishing、Know Your Customer、NUIG、CurrencyFair(Zai)、Aero Inspection、Ubiqube、およびMackin EHSとともに、シンガポール初のワクチン工場をサポートするPMグループが含まれます。

日本と東南アジアで事業を運営するためには、アイルランドの輸出業者は、文化やビジネス規範によってヨーロッパや北米の他の輸出市場とは多少異なる運営が必要であるという事実に備えなければなりません。

彼らはこれらの地域のビジネス規範と文化的ニュアンスを念頭に置いて尊重する必要があり、これらの市場にあるEnterprise Irelandチームは定期的にこの点で地元のサポートとアドバイスを提供します。

また、市場に参入し、ビジネスを実現し、顧客に高い反応を示すためには、十分な財政的資源を確保することが重要です。 進歩を遂げるために、アイルランド企業は一般的に直接的な市場立地を構築し、現地で雇用しなければならないという事実を知りました。

APAC市場に輸出することに興味があるすべての企業にとって、1つの重要な質問があります。 あなたがすることの世界的なレベルですか?

自信を持って回答できる人は、Enterprise Irelandに相談して、地域の潜在的な機会を評価する必要があります。

Kevin RyanはEnterprise IrelandのASEAN取締役、Neil CooneyはEnterprise Irelandの日本取締役です。

READ  インドの - 日本、「熟練労働者」に移動協約締結

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close