理科

ビジネス上の意思決定のパターン認識アルゴリズムが重要となる理由の論理と感性と意思決定の美学| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

経営とビジネスのロジック(科学)と感性(アート)のバランスが重要であるのはもう常識。 現代美術が好きでも知られている松本大氏とビジネスリーダーに絶大な人気を誇る山口州氏が芸術の趣味や教養との関係を入り口に感性と直感に基づいた意思決定を可能にするためにヒントを指します。 (第1回/全2回)

撮影=小川聡

図は、描くことができませんが、見ての愛

【山口】今日は仕事のアートの部分として、職場と感性との関係について話をすること。 どこまでが芸術かということは、ありますが、一種の教養と言えば、松本氏は、1990年にソロモン・ブラザーズのアジア証券引退したときに、ジャズカフェをしようかと思ったほどジャズが好きだと聞いています。 いつからだろうか、ジャズは?

[마츠모토]音楽は遅いんです。 芸術的な方はすぐに幼稚園白黒フィルムを直接ダークバッグに手を突っ込んで、フィルムの現像とかをしていたので。

【山口】それは通常の家に暗室があったのですか?

[마츠모토]暗室はいた時期も、ボロく光が入ってしまうので、暗室が不要ダークバッグに手を突っ込んで、フィルムを除去して、リールに入れ現象であることを。 フィルム側ですね。 それ幼稚園はじめまして。

【山口】そのような家庭環境は、なかなかないと思いますが。

[마츠모토]父が好きだったんですね。 だから幼稚園の時から写真を撮って初めて、かなり深い。 したがって、構図を考えたり、映像は子供の頃からずっと親しく過ごしてきた。 絵を描くすごく不器用な(笑)図は描けないが、写真を撮ったり、見たり、映画を見たりとか芸術を見たりとか、愛。 一方、音楽は習慣を全くしていなかったので。 よく音楽は、学ぶことはない幼い頃。 それを全然していない元の少し音痴もあり、楽器を学ぶにもしていないため、ほとんど聞いたことがありました。 ただ家で継続父がレコードを押しっぱなし。

【山口】それはどのような系統の?

[마츠모토]クラシックですね。 ショパンやモーツァルトとか、残りはオペラだけで、ずっと流れていました、LPは。 私は通常、小学校の中間や最後あたりからラジオで歌謡とかポップを聞いて初めて。 小学校6年のうち1時FMのスタッフを聞きましたが。 スタッフが結成されたときのフュージョンですね。

【山口】走行ですね。

[마츠모토]当時はフュージョンではなく、クロスオーバーと呼ばれ、従業員が結成されたときの最初の「従業員」というアルバムですが。

【山口】何年ですか?

[마츠모토]1976年77年だと思います。 FMを聞いて正直飛んだしかっこいいと思う。

【山口】それはもはや影響があったようですね。 素晴らしいとか何だとか、人から推薦されたようなものではなく、聞いた瞬間これだと思いしまったね。

READ  教えてホームドクター| 気候新聞Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close