経済

ビジネス特集消費増税で1年の生活に変化は? | 消費増税

昨年10月に消費税率が8%から10%に上昇し、1年が経ちました。 軽減税率キャッシュレス決済のポイント還元。 初めての努力もセットで紹介され、大きな話題となりましたが、1年をかけて、私たちの生活の中でどのような変化をもたらしたのでしょうか? (経済部記者新井俊毅蚊里美)

「消費税率引き上げに日本の消費者は、他の国に比べて、どうしても敏感に反応してしまう “排気財務省担当がまだ2ヶ月私は何回聞いた言葉です。

振り返ってみると、消費税率を上げるたびに、消費者は生活防衛の動きが広がって経済が萎縮がGDP・国内総生産でも知ることができます。

回復の途上で…

1年前の消費税率引き上げにも落ちた消費。

ただし、キャッシュレス決済のポイント還元などの対策もあって、比較的早く回復らしい意見もありました。

流通業界の関係者は、「既存の消費税率引き上げに比べて消費の戻りが早い。年初から徐々に回復してきた」という実感がしました。

夏の東京オリンピック・パラリンピックに向けた日本経済はさらに繁栄という期待を踏みにじったことが、新型コロナウイルス感染拡大した。

その影響は、厚い雲のように、日本経済を覆って消費税の影響だけを見ることは難しくなってしまいました。

消費者の意識の変化?

ただし、消費増税に新型コロナの影響も加わって、今、小売業界では、消費者の「節約志向」が高まっているという見方が広がっています。

いち早く対応に乗り出したことが大型マートの「西友。 “

9月上旬の食品や生活用品など765品目の値下げを断行しました。

値下げ主要品目の売上高は、前年同期比20%程度成長しているのです。

大規模な値下げは消費税率が引き上げられた昨年10月以降。

足元の業績は、「巣ごもり消費」の効果で好調ながら、あえて値下げを決定したとします。

荒木徹氏
「昨年10月に非常に強くなった節約志向は、一度弱くコロナ流行にもさらに強くなった。消費者は、所得面で不安が高まっていると感じている」

大規模な値下げはこれだけではありません。

インテリアメーカーである「カインジュ」は9月に、布団からコピー用紙まで、幅広い分野で7200アイテムを一斉に値下げ。

「無印良品」は、秋、冬のものの衣類70点余りを順次カットしています。

食品と日用品は、近年人件費の上昇を背景印象のニュースをたくさん聞いてきたが、流れが変わろうとしているのかもしれません。

ただし、消費者の意識は必ず「節約一辺倒」ということはないかもしれません。

今回の取材で、「外出が制限される中、ショッピングをお楽しみのために貯蓄はしていません」という意見もありました。

自宅で楽しむ商品が売れる」巣ごもり消費」が高まっており、豪華な時計店では、需要を背景に、中古品買取価格が史上最高水準に上昇しているという話もあります。

国内の経済状況を分析する政府関係者は、「デフレに戻るそうすれば、その足音はまだ遠い。ただし、コロナによる消費低迷が長期化すると、境界なければならない」と話す。

経済対策の司令塔である西村経済再生担当相は機会あるごとに「絶対デフレ状況に返すという決意のもと努力したい」と消費を支えてデフレに逆回転を防止する姿勢を示しています。

景色変貌

この1年で確実に変化を実感することが、コンビニなどの店で食事ができる「ツイン」のコーナーです。

主流を除く飲食料品の税率は8%の税率が適用されるのに対し、外食考えられているツインで10%。

調査会社である「エヌピディジャパン」が実施した調査では、コンビニエンスストアやスーパーツイン売上高は症状直前の昨年7月から9月までの3ヶ月間は、前年度に比べて20%余り増加したが、10月から12月までの3ヶ月間は一気に8 %減少した。

また、今年4月から3ヶ月間新型コロナウイルスの感染拡大に開いた空間の縮小と閉鎖が相次いでマイナス45%に減少しました。

それまでコンビニやスーパーフードの間では、トゥインルル近所の住民」集会場」のように、固定顧客をひきつける戦略を進めていました。

都内にある薬局を併設したローソン店舗での体操教室も開いて活性化を図ってきました。

しかし、今年4月以降は、座席をわずか3つ減らしイベントも残りを強要しています。

お店を訪れた女性客は「活気があって楽しいところだったが、今は寂しい」としました。

お店や地域に何とか元気を取り戻したいベギイ店舗では、10月から消毒などを徹底して参加人数を絞っイベントを再開することにしました。

金子大作氏
「ぺインがコンビニに来た理由でもしたので、感染に注意を払いながら再開したい」

いざ社会保障は?

もともと、消費税率引き上げに伴う売上高の増加分は、社会保障の充実に役立つものとなっています。

「全世代型の社会保障」への転換を目指し、幼児教育と保育の無償化などでカバーされます。

消費税は、所得税と法人税に比べて景気に伴う税収の変動が小さく、安定した財源となってきました。

しかし、新型コロナウイルスの影響で税収の源となる消費者は、旅行や外食を中心に記録的な落ち込みを経験しただけ税収への影響が懸念されます。

新型コロナウイルスの影響で生活が困難な家庭や業績悪化に苦しむ企業が増えてきています。

一方、財源が厳しい中、今年末には75歳以上の人々の病院での窓口負担を一定の所得以上に限って印象の具体的な構造についての結論が出てくる見込みだ。

税収の源となる経済の再生を図りながら、膨らみ続ける社会保障費をどのように対処していくかは、消費増税で1年前に発足した間、新しい政権を遮る難題です。

経済部記者
新井俊毅
2005年入国
北の国・札幌駅を経て経済部
現在財務省の取材を担当

経済部記者
蚊さとみ
無料の新聞の編集者を経て、NHKに入国。
埼玉局、盛岡局を経て、2017年から経済部

READ  新しいFire TV Stick、4,980円。 50%強力でHDR対応年内に新しいUI - AV Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close