技術

ビットコイン高価安定米大統領選挙に関心が取引は慎重に(2)[카소쯔 대학 대항전 제 30 주]:J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

今週(2020年10月26日の週)のビットコインは高価安定。 トップを走る京王言葉医師金満はイーサリアムやリップルなどの大きな青いから「買わいい」と一安心。 追う明治大学のITは「現在冷まし価格帯で少し値を下げることができるので、購入するには、危険がある」と判断した。 観望の姿勢。 専修大学のゆうも “ビットコインは少し高い」と警戒する。

職業能力開発総合学校のさちんは「ドルの上昇にビットコインは、一時的に下落するだろう」と予想した。 ただし、各大学は、それもこれも、米国の大統領選挙の勝者により「大きく変わるだろう」との見方が一致しているところだ。

ちなみに、10月31日からビットコイン論文発表で12年が過ぎた。

  • 米国の大統領選挙は、仮想通貨市場にも影響を与えて……

  • 米国の大統領選挙は、仮想通貨市場にも影響を与えて......

米国大統領選挙はトランプの勝利か? (専修大学)

米国大統領選挙の余波警戒!優先観望

米国大統領選挙の余波警戒!優先観望

こんにちは。 専修大学の有です。 今週の総資産は変わらず、1万949円となっています。

今日2020年11月1日にビットコイン(BTC)の価格は1BTC = 145万円程度であり、非常に大きな価格となっています。 10月30日に134万円で指値注文をしましたが、降らずにそのままの価格が上昇してしまったため、マーケティングを行うことができません。

注文が通らなかったのは少し残念だが、これだけ上昇価格は短期的には少し高いと感じます。

上昇の要因として確認浮かぶのは、

(1)米国の大統領選挙
(2)欧州で再びロック
(3)金(ゴールド)価格の上昇とそれの関係

3つのことを考えることができますが、金の価格はむしろ下落しているため、(1)(2)の要因を考えることができ、または他の可能性があります。

米国の大統領選挙の結果、共和党から民主党に変化する金融市場に大きな影響があるので、予測をして行動するかと思っています。 個人的にはどうのこうの、またトランプが勝利するような気がします。

それを想定して、来週は、市場の動向を見たいと思います。

一方、ヨーロッパで再びロックします。 様々な側面から見ても、やはり心配です。

◆小山将軍のワンポイントアドバイス
10月30日に事故を入れたのは非常に良かったのですが、ボックスの外側ず残念な結果となりました。 なぜビットコインが上昇しているのでしょうか – 。
(1)米国大統領選挙に向けたポジション調整は非常に思ったが、10月31日年中最高値を更新することにより、受賞しました。
(2)欧州でのロックの株価はダウンして、株価と相関性があるビットコインも下落したが、限定的でした。
(3)ゴールドとの相関性は、最近の相場は見ることができなくなったため無視してお勧めします。
そうなると、他の要因があります。 短期売買の場合材料が分からなくても流れに乗ることが重要です。 なぜように相場の状況を知っていない変化しない人が増えて最高値を更新くると、彼らは走ってサオという現象が起こるからです。
筆者は、このビットコインの上昇は、機関投資家による仮想通貨に本格参入と法律やインフラの整備が完成されていることが主なシナリオだと思います。

全州での損益プラスマイナスゼロ
10月30日現在、1万949円

波が来る! 米国大統領選挙の結末やいかに…(職業能力開発総合学校)

どうしても察知です!

今週(10月26日の週)は、ビットコイン(BTC)価格のサンハガたが取引はしていません。

ドルの上昇にBTCなど、一時的に下落すると予想しているが、米国の大統領選挙でバイデン氏が勝つか、カードが勝利するかによって大きく変わるでしょう。 どちらが勝った場合、BTCが起きたり下がら予想することができませんが、大きな波になることは間違いありません。

11月3日、米国大統領選挙投票日で何日目を離すことができません。 思ったよりドルの価格が下がっているので不安ですが、今回は静かに見守っていきたいと考えています。

ところで、ビットコインの論文が発表されて、すでに12年も経ちました。 人間ザラザラ小学生6年生から中学1年生です。 ビットコイン思春期のように変動が激しくなって、大人は四苦八苦しますね。

それではまた来週!

◆小山将軍のワンポイントアドバイス
開票が終わっても、米国の大統領選挙の勝負はついておらず、数週間から年初までかかる可能性まであるようです。 しかし、仮想通貨も株式市場もそのようなことは関係なく上昇しています。 株式市場を見ると、結果はどうであれ、大統領選挙というイベントが通過したことによる安心購入ができるようです。 米国の住宅指標が好調で、今後のクリスマス商戦があることを予測した事故も多くなります。
一方で、ビットコインは、中国での一層の仮想通貨に対する規制をしようとします。 しかし、過去の中国で似たような動きがあった場合には、短期的にビットコインが下落した後上昇しています。 今回も似たような動きになったので、「良いディープを提供した」と言うことができるでしょう。

全州での損益プラスマイナスゼロ
10月30日現在、1万3500円

READ  [리뷰]Oculus Quest 2ユーザーはマストバイ! VRバトルロイヤルゲーム "POPULATION:ONE」 - PC Watch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close