ビヨンセ「ルネサンス」ボックスオフィス1位

Estimated read time 1 min read

ビヨンセが今週末、ボックスオフィス1位を占めました。

AMC Theatre Sundayの推定によると、彼女のコンサート写真「Renaissance:A Film by Beyoncé」は、北米チケット販売額2,100万ドルで1位を占めました。


知っておくべきこと

  • ビヨンセが今週末、ボックスオフィス1位を占めました。 AMC Theatre Sundayの推算によると、彼女のコンサート写真「Renaissance: A Film by Beyoncé」は北米チケット販売額2,100万ドルで1位を占めた。
  • アメリカとカナダの2,539の劇場と94の海外地域でデビューし、2,621の劇場で640万ドルを稼いだ。
  • Lionsgateの「The Hunger Games: The Ballad of Songbirds & Snakes」は、第3週末に約1,450万ドルで2位を占めました。
  • 3位は「ゴジラマイナスワン」が占め、「トロールバンドトゥゲザー」は3回目の週末に760万ドルで4位を占めました。

感謝祭以降の12月初め、ボックスオフィスは不振と悪名高いが、「ルネサンス」はその可能性を無視しました。 インフレを考慮しないまま映画が今週末に2千万ドルを突破したのは20年ぶりに初めてです(「ラストサムライ」以降)。 )。

ビヨンセはグラミー賞受賞アルバムツアーに焦点を当てた「ルネッサンス」を作曲、監督、制作しました。 アメリカとカナダの2,539の劇場と94の海外地域でデビューし、2,621の劇場で640万ドルを稼いだ。

AMC劇場の世界的なプログラミング担当副社長のエリザベス・フランク(Elizabeth Frank)は声明を通じて「AMC劇場配給と全体演劇産業に代わってこの驚くべき映画をファンに直接プレゼントしたビヨンセに感謝する」と述べた。 「業界の多くの人々が一般的に無視する週末にファンと映画評論家が共感するのを見るのは、演技者としてだけでなく、プロデューサーであり監督として彼女の巨大な才能を証明することです」

「ルネッサンス」は去る10月に公開した「テイラースウィフト:エラスツアー」の9,280万ドルデビュー作に近づかなかったが、相変わらずコンサート映画としては非常に良いスタートだ。 世界的に2億5千万ドルを超える収益を上げ、まもなく劇場公開を控えている「エラスツアー」と「ルネサンス」が合うとは誰も予想できませんでした。 Swift以前は、最大のコンサート映画デビュー作(マイリー・サイラスとジャスティン・ビーバーが2008年と2011年に制作した映画)が調整されていない金額である3,200万ドルを超えなかった。

5月、スウェーデンのストックホルムで始まり、秋のミズーリ州カンザスシティで終わった39都市、56回の公演の「ルネサンス」ツアーは5億ドル以上の収益を上げ、270万人以上のコンサート観客を集めました。 151日のSwiftの進行中の「Eras Tour」は約14億ドルの収益を上げることが予想されます。

BeyoncéとSwiftはどちらも伝統的なスタジオとは異なり、AMC Theatresと協力して映画を配布することにしました。 両スーパースターはお互いを応援し、相手のプレミアで華やかな姿を現わした。 どちらも、以前にNetflixで映画(「ミスアメリカーナ」と「ホームカミング」)を公開したことがありました。 そして両方ともチケット販売の少なくとも50%を受け取ることが知られています。

データ会社EntTelligenceによると、ショーの映画チケットはSwiftの20.78ドルに比べて約23.32ドルで、平均より高価でした。

批評家や観客は「ルネッサンス」について絶賛した。 この作品はRotten Tomatoesで100%を記録し、世論調査を通じて公開週末の観客から貪欲なA + CinemaScoreを受けました。 EntTelligenceはまた、約900,000人の聴衆がSwiftより若干年齢が高いと推定しています。

Lionsgateの「The Hunger Games: The Ballad of Songbirds & Snakes」は、第3週末に約1,450万ドルで2位を占めました。 前編は現在国内で1億2,100万ドル以上の収益を上げました。

「ゴジラマイナスワン」は2,308のロケーションで1,100万ドルで北米チャート3位に上がりました。 これは、今年アメリカで公開された外国映画の最大規模です。 東宝インターナショナルが配給した良い評価を受けたこの日本のブロックバスターは、製作コストが1,500万ドルに過ぎず、すでに日本で2,300万ドルを稼いだ東宝の33番目ゴジラ映画は第二次世界大戦以後を背景にして上木龍之介が主演を務め、山崎隆が監督を務めました。

Toho Globalの社長である上田浩二氏は、「今年、私たちは市場のニーズに応え、ゴジラをさまざまなプラットフォームから世界的にアクセスできるようにするために集中的な努力を払いました」と述べました。 。

「トロールバンドトゥゲザー」は3番目の週末760万ドルで4位を占め、国内総額7,480万ドルを記録した。

5位はディズニーの「願い」が占めたが、これは残念な最初の週末に比べて62%下落し、3,900地域で740万ドルを稼いだ。 世界中で現在8,160万ドルを稼いでいます。 スタジオのもう一つの主要劇場映画「マーブル」も第4週末公開を控えており、スーパーヒーロー映画制作やマーケティング費用として知られる3億ドルに比べて世界的に1億9,700万ドルという凄惨な収益を記録しています。

2週目の終わりに、Ridley Scottの「Napoleon」は3,500の地域で約710万ドルを稼ぎました。 Apple Original Filmsが製作し、Sony Picturesが配布したこの映画は現在、2億ドルの予算に比べて国内で4,570万ドルを稼いでいます。

READ  説明:伝染病のために、日本で自殺が増加する理由
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours