スポーツ

ビリージンキングカップ2022

火曜日、インドの女性テニス代表チームは、トルコアンタルヤで開かれたビリジンキングカップ2022アジア/オセアニアグループI組で日本に3-0で敗れた。 インドのルツジャボサレ(477位)は、ユキを破って共同1位を占めた。 ナイトはMTAテニスアカデミーのクレイコートで229位を獲得しました。

アンキタ・レイナ (309)インド女子シングルステニスランキング1位のホンタママイ(309)が129位のホンタママイに敗れた。 守備に乗り出したが、Ankita Rainaは反撃し、開幕セットで7回の休憩機会を前方にしてゲームを維持した。 反面、インド最高のシングル選手は1時間48分で6-4、6-4で敗れ、同店でインドに2-0で負けた。

不在時 サニアミルザSowjanya BavisettiとRiya Bhatiaは、日本のSuko AoyamaとEna Shibaharaに対してチームを率いる任務を務めました。

一方、インドの2人組はこの日の2番目のベーグルを手に入れて1時間11分で6-0、6-4で敗れ、同店の3-0で敗れた。

水曜日に、インドの女性テニス代表チームは、Qinwen Zheng(シングルス-71)、Qiang Wang(シングルス-97)、Lin Zhu(シングルス-106)のような選手がいる中国と対決します。 今後数日以内に、インドはインドネシア、韓国、ニュージーランドと残りのI組の試合で対戦します。

グループIのトップ2クラブはプレーオフに入り、5位と6位のチームは来年グループIIゾーンに降格します。 オリジナルのビリジンキングカップとして知られているビリジンキングカップ フェッドカップ女性テニスグローバルチームトーナメント。

昨シーズンのグループリーグで無敗行進を続けてきたミルザは、インドが初めてワールドグループプレイオフ進出に役立った。 一方、インドはプレイオフでラトビアを3-1に破り、グループリーグに降格した。

Facebookで私たちをフォロー ここ

Twitterで連絡を続けてください。 ここ

Instagramページが好きで共有してください。 ここ

READ  台湾、COVID-19恐怖で野球予選トーナメントから撤退

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close