トップニュース

ビリー・ジーン・キングカップ:コロナウイルスが原因で、日本のホームタイvsウクライナが外です。

日本のファンはコロナウイルス感染症の状況により、ウクライナとのビリー・ジーン・キングカッププレーオフタイが海外に移された後、来月ナオミ大阪が自宅で行動することを目にする機会を逃すことです。

日本のCOVID-19の事例は、米国のような他の国に比べて相対的に少ないが、一部の地域ではまだ非常事態に直面しており、国は、第3の流行を経験しています。

日本の兵庫県のミッキー・シティは4月16日から17日まで、室内ハードコートでタイを主催する予定だったビリー・ジーン・キングカップ委員会は、このを、ウクライナに移すことを決定した。

イベントを担当する国際テニス連盟は「最近、この地域での緊急事態が解除されたが、国際選手の旅行制限免除が4月タイに合わせて回復されることを保証することができない」と述べた。 、月曜日に語った。

関連| Clijsters、マイアミとチャールストントーナメントから撤退

「委員会は、ウクライナが同点主催を準備するに十分な時間を可能にするために、この決定を下しました。 “

タイは現在、エリートテニスクラブのChornomorsk、ITFとウクライナテニス連盟からクレイで行われ、次の2つの国の間での会議は、月曜日の決定に日本で開かれると付け加えた。

改編されたFed Cupの最初の12カ国の決勝戦は、最初に2020年3月に開催される予定でした。

先月ITFは、ブダペストで4月13日から18日まで開催される予定だった決勝戦が、ハンガリーのCOVID-19プロトコルによる再延期されたと発表した。

大阪は昨年の予選ではスペインに飼いならされた日本チームの一部であり、全世界1位が消え音ベストール模擬手にスラッシングをされました。

23歳の彼はグランドスラムトロフィーを4倍に倍増上げランキングで2位まで上がりました。

世界5位のエリナストールリナが来月女子テニスワールドカップで、ウクライナの挑戦を導くと予想されます。

READ  日本の - インドは伝染病の世界的な安定と、より関連があります:PM Modi

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close