エンターテインメント

ビルボードジャパン&チックトーク「ネクストファイア」5月号に掲載されたクランルーラー

日本の浮上バンドKlang Rulerは5月13日、ショーケースを5月の特集で生中継しました。 次の火ハイブリッドプログラム ビルボードジャパン そして Tikのトーク

次の火 ビルボードに基づいて、現在最もホットなJ-popアーティストを強調するTikTok Liveのショーです。 日本のTikTok Weekly Top 20チャート。 コラボレーションプロジェクトは、ライブパフォーマンスと今月の特集パフォーマンスのプレレコーディングインタビューをストリーミングし、ファンに彼らの芸術性を深く示します。

ビルボードでもっと見る

クランルーラーは6週連続チックトーク週間20位圏に進入したヒット作「タイミング」と最近発売した「ジェネリックラブ」などコンパクトセットを披露した。

女性2人、男性3人で構成されたメンバーたちは生放送が始まるとスタジオに盛り上がって歩き、’iCON’を熱唱して撮影場を開いた。 ドラマーSimiShoがユニークなシンセサイザーフレーズの上に正確な8つの音符グルーブをたたきながら、Gyoshiの鋭いギターソロが消せない数字を飾りながら音楽がリズミカルに広がりました。 その後、メンバーはフロントマンヨンキーのビートパッド、Kat Takumiのシンセベース、SimiShoのパーカッションシンセが組み込まれた電子トラック「Gensou wo kae」(Buy Illusion)を演奏するために、少し遅れました。

バンドの次の曲である無限愛の最新シングル「Generic Love」は、会場全体に響き渡るミディアムテンポのビートを通して、ヨンキーとボーカリストの安田千尋の美しいハーモニーを披露。 歌が終わるとヨンキーはすぐにおなじみのカウントを始め、メンバーたちはダンスチャレンジをはじめとする様々な映像を通じてチックトークで話題を集めたヒット曲「タイミング」に突入した。

1998年J-popヒット曲を蘇るスタイリッシュなカバーは、他の浮上アーティストが登場するバンドのJ-popカバービデオシリーズであるMidnight Sessionsで誕生しました。 ライブでは各メンバーが演奏するサウンドが徐々に一つのしっかりとしたイントロで合わさって凝集力のあるバンドサウンドに変貌し、ファンたちがパフォーマンスが素敵でダンスを踊る姿にファンたちの感心が出るとコメントセクションはときめきでいっぱいになった。 音楽に。

「いつかコンサートで直接お会いできることを願っています。」 バンドが閉幕曲「I Think About You Now」を演奏する前に、Yasudaは言いました。 曲後半の幕間は、桃久美のスラブベース演奏と、ギョシシのパンクギター演奏が心地よくミックスされ、全セット中に各メンバーが披露した優れたテクニックと各番号の優れた品質を見せてくれます。

Klang Rulerのプレレコーディングインタビューとスタジオコンサートアーカイブバージョンは、日本時間で5月27日月、水、金曜日の午後8時からビルボードジャパンのTikTokチャンネルでストリーミングされます。

記事全体を読むにはここをクリックしてください。

READ  HaiKyuu! シーズン5:日向はKarasuno高校でバレーボールを学び

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close