経済

ビーガン待機お盆、日本のカレー、おにぎり、ケンチン退屈を提供する本格的なレストランオープン

ObonのHumiko HozumiとJason Duffanyは、長い道のりを来ました。 二人は、自分のビジネスを過去7年間、着実に成長していることを見てきました。 初期農産物市場でオンリーギリを慣れていない顧客に説明しなければならいたビーガン日本食事業から2020年2月にモリソンマーケットのフードホールに売店を開くことまで。 次の月、彼らは一歩進むことです。 今年7月には、Obon ShokudoはMorrison Marketスタンドに別れを告げてSE Grand Avenueの前Kachinkaスペースを買収しています。 シェフがニュースを伝えました。 インスタグラム、自家製和風カレー、自家製うどん、ケンチン退屈シチューを提供する新しいレストランを発表して発酵製品の生産を強化します。

HozumiとDuffanyは新しいレストランスペースがポートランドのビーガンと、日本の食品のシーンの中で、ユニークなものを提供し、日本の快適な食べ物に肉のないテイクを提供することを望んでいる。 「あそこには日本レストランがとても多いが、自家製のビーガン和風をする人はいません。」と彼女は言う。 彼らには梅干し(梅漬け)おにぎり、カレーカボ次スカッシュコロッケ、ファンコパンに焼きミス豆腐カツ、豊かなケンチン退屈味噌野菜シチューのような料理を意味します。 旬の素材で作られた穂積の家族レシピに基づいています。

“私は個人的な経験を通して調理する方法を学びました。 それ第情熱です。」Hozumiが言います。 「私たちの食べ物は…ママとおばあちゃんが家で料理することです。」 家族のテーマはお盆という名前のブランドを介して配信されます。 黒と白のロゴは、穂積の家を描写しており、お盆は先祖を記念する8月中旬、日本の祭りであり、次に使用される木材漆トレイの名前です。 意識やスナック。

もともと日本の埼玉県の山岳地帯出身のHozumiはObonの食べ物はほとんど彼女が育ったところで、伝統的であると言う。 太平洋岸北西部と同様に、この地域は、きのこが豊富で、Hozumiの家族は食事のために多くの飼料を提供する小さな野菜農場を運営しました。 彼女の母親は、最初から味噌を作り、父は手でうどんを作って、今日ボーンのレストランで提供されている新鮮な弾力性のある自家製うどんのインスピレーションとなった。

夫婦のチームがサンフランシスコでポートランドに引っ越したとき、彼らは、最初にObonをケータリング事業として開始し、豆腐、味噌などの一貫性を持った豆腐味噌発酵豆腐を卸売製品として販売する可能性を模索しました。 現地ビーガンとグルテンがない販売代理店Earthly Gourmetの所有者であるHeman BhojwaniがHozumiとDuffanyがポートランドの農産物市場に入ってきた日本の食べ物を販売することを提案するまではそうでした。 2014年の夏オクヤ市場はLents農産物市場で2年間運営されて、他の市場と行事が開かれる前にObonの最初のイベントでした。

Obonは農産物市場で成功を収めたが、最初はポートランドの人々が寿司とラーメンのような他のタイプの日本料理ほど自家製日本料理に慣れていなかったので、最初はいくつかの困難に直面していました。 Duffanyは「巨大で急厳しい戦いでした。 「人々は私たちの食べ物を食べたくておらず、我々は、サンプルを提供する必要がしました。」 Hozumiはサンフランシスコと比較すると、ポートランドの食品現場がObonが最初にリリースされたとき、少し遅れたし、二人は潜在的な顧客に料理を教えるために多くの時間を過ごしました。 「おにぎり菅何かを知っている人は多くなかった。また、ケンチン退屈は、人々が苦しんでいる別のことです。」と彼女は言う。 「味噌汁と同じだと言い出しましたが、野菜がより含まれている寿司屋で食べることができる味噌汁がありません。 人々は鼻ロケがファラフェルのか尋ねてみたりしました。」

しばらくしてObonは農産物市場待機となり、事業は、ポートランドの幅広いビーガンコミュニティ内での名前を認識しました。 その後、新しいレストランで二人はより多様な料理に飛び込むことができます。 ランチにお盆ショー工藤はお弁当、カレー、おにぎり、お好み焼きの現在のメニューを提供しています。 夕方メニューは串料理のような居酒屋スタイルの小さな料理が含まれます。 酒と焼酎を添えた絞りたてのオレンジジュースのような飲料が含まれているバーのメニューも進行中です。

メニューのほとんどは、発酵製品に依存しており、二人が自分で行うことです。 発酵製品の生産を増やすためにHozumiとDuffanyは最近Multnomah Countyの発酵規定を遵守するためにObon Kojoという新しいブランドを立ち上げました。 新会社は、味噌と麹をObon Shokudoに提供して、最終的に他のレストランにも販売することです。

HozumiとDuffanyは料理よりも多くのものがあります。 彼らは所得水準に関係なく、より多くの人口が有機ビーガン食品を利用できるようにしたいです。 Duffanyは “食品業界にはまだ食糧の定義が不足します。 「私たちはすべてのものを有機的にしようとしています。 それは私達が得ることができる最も低い品質です。 私たちは、Whole Foodsと高価な場所で買い物をする余裕がない人には本当に良い食品を提供したい。」

Hozumiは「そんなことをする人が多く必要になります。 「私たちは、非常に小さな魚です。私たちは、社会のためにすることはほとんど影響が、これは我々がすることです。」

Obon Shokudoは7月1日720 SE Grand Ave.で改造します。

Obon [Official]

READ  ソフトバンクも2,980円の新たな計画を発表したり、主要なブランドの料金も刷新 - iPhone Mania

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close