スポーツ

ピエールオクラホマ “今ならフェスタッドペᆫワ同じシステムで競争” /レッドブルホンダF1[F1-Gate.com]

アルファ他私たちホンダF1ピエールオクラホマはレッドブルレーシングにあるよりも、今では「優れたドライバー」になって戻ってマックスフェスタッドペᆫワ同じシステムでの機会を与えてもいいだろうと思っています。

ピエールオクラホマは2019年レッドブルレーシングに昇格したが、マックスフェルースタトペᆫの速度に匹敵することができず、シーズン中盤の夏休み期間にアレクサンダーアール本と交互にトロロッソに返還された。

皮肉なことに、アレクサンダーアルボンヌン2020年中ピエールオクラホマのように苦労して2021年セルジオ・ペレス交互にテスト兼予備ドライバで1年を過ごすことになった。

一方、ピエールオクラホマはアルファ他、私たちに名前を変えたチームで、よりキャリアを有効にして、2020年F1イタリアのGPでF1初勝利を含めて複数回のポイントフィニッシュを達成した。

ピエールオクラホマは降格の後、16ヶ月ぶりに進歩して再度レッドブルレーシングの最大フェルースタトペᆫと仲間になった場合には、中断奇跡的にも競争できると考えている。

今マックスフェスタッドペᆫワ同じマシンの乗るよりよくすることができるだろうかと質問したピエール・オクラホマは「同じシステムに乗る機会を与えいいと思います。しかし、それはより内側に入った話だが。自分のスキルは知っている」と 自動車のモータースポーツ コメント。

「今年のように、適切なマシンがあれば、実際に私は良い人ヤレ。私はそれを示した。機会を得るために全開で継続 “

「私はずっとうまくいっている。客観的に言えば、私はよりよいドライバがあります。より一貫性のある、より多くの経験を積んでいる。2021年と翌年にはより良いと思う」

ピエールオクラホマは2021年になんてルー・クビアートの代わりに新人角田裕毅を仲間に迎えアルファ乗ったちリードドライバーとしてシーズン開始の準備をしている。

自分が改善したと考え区域について「F1は、経験有意差を作る」とピエールオクラホマは説明する。

「チームとより良い協力する方法を学んだ。周りの人から多くを引き出す方法週末のレースに向けてどのように準備すればいいのか、週末に発生する可能性のある小さな問題を解決する方法をね」

「正直なところ、改善することができる地域はまだたくさんある。しかし、それは7回F1ワールドチャンピオンに対応するものである。ルイス(ハミルトン)と話すと、自分ももっと良い領域があると感じていると確信している」

「これが私たちの生活の中で他の人よりよくする自分をより良くするために、各細部に臨んでいる」

「F1での私の目標は世界チャンピオンになることです。それは私がしようとしているのである ”

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエールオクラホマ / レッドブル / ホンダF1 / マックスフェルースタトペᆫ

READ  久保途中出場の存在感を魅了終了直前バー直撃FK - 日本代表:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close