ピーター・スクワイアス(Peter Squires)は、1979年「絶対素人」日本日本ツアーの喜びを思い出しています。

1 min read

1979年にイングランドの日本ツアー選抜を選手たちに手紙で通知したとき、これには「パスポートを忘れないでください」と要求するラグビーサッカー連盟の要請が含まれていました。

アマチュア時代以降初めて土曜日に、イングランドは開催国と日本で競技を繰り広げる予定です。 このスポーツは45年前にビル・ボモントが選手団を率いてフィジーとトンガを訪れる冒険に出た時を思い出させます。

日本の土地で国家間の最初の公式テストのためにスティーブ・ボスウィックが監督した計画は細心の注意を払いました。 相手選手について収集された百科事典的書類と東京の湿気に備えるための「熱キャンプ」を特徴としています。 しかし1979年は非常に異なっていた。

Beaumontのツアーパーティーの中には、RFUによって選ばれて旅程を構成した7試合のうち5試合を務める審判Clive Norlingがありました。 イングランドの29人のライオンズウィングであるPeter Squiresによると、これは一見の利点ではありませんでした。

Bill Beaumontは1979年の最後の日本ツアーでイングランドの主張を務めました(PA)。

「彼はウェールズ人だったので、それほど大きな問題とは見なされませんでした! Cliveはまともな人で、ユーモアのセンスも良かったです。 彼が私たちと交流することは非常に重要でした。」

当時、ハロゲート・グランマースクールの27歳の体育教師だったSquiresは、日本との最初の試合でDusty Hareによって転換された決定的なインジャーリータイムの試みを得点し、地震の混乱を防ぐことでイングランドを救出しました。

大阪での21-19勝利に対するRipon RFCの忠実な記憶はぼやけている可能性があります。 記憶を蘇らせる試合映像は不足しています。 しかし、費用だけを支払った時代に旅行を去った喜びは依然として鮮やかです。

「あなたがイングランドの国家代表に選ばれるたびに、それはとても特別で、ツアーは本当にボーナスでした。 その旅はこの世界ではないように感じました」と彼は言いました。

ライオンズウィングのPeter Squiresが、Twickenhamで行われた1977年のSilver Jubileeの試合で、BarbariansのJPR Williamsと対決しています。
ライオンズウィングのPeter Squiresが、Twickenham(PA)で行われた1977年のSilver Jubileeの試合で、BarbariansのJPR Williamsと対決しています。

「あなたはイングランドの国家代表としてプレーしただけでなく、フィジー、トンガ、日本のような場所に行きました。 私の一般的な夏休みは、フィジー、トンガ、日本ではなく、ブリドリントンやスカーバラに近いです!

「あなたはお金についてあまり考えていませんでした。 あなたは週に3回家に電話することができる費用を含む費用を支払いました。 それは完全かつ絶対にアマチュアでした。

「私は日本の超高速列車を覚えています。 RiponとNorthallertonの周りには超高速列車はあまりありませんでした。

「かなり社交活動がありましたが、主に試合が終わった夜に行われました。 それはいつも活気があふれていたはずだったが、バランスがとれた。 私たちはイングランドのためにプレーしていて、私たちの国のために演奏しなければなりませんでした。

日本は土曜日国立競技場でイングランドと対抗する。
日本は土曜日の国立競技場でイングランドを相手にしています(Adam Davy / PA)

ボモントのイングランドはトンガを訪れた最初の主要国であり、ヌクアロパでの歴史的衝突で37-17勝を収めましたが、この日早く予防措置を取らなければなりませんでした。

「試合の1時間前、私たちはスタジアムを歩き回るのが本当に大変でした。 ラグビー場はあったがスタンドはなかった」 ヨークシャーCCCで開幕打者で49試合に出場したスクワイアスは語った。

「その日の選手ではない人は出て、スタジアムの石を拾って横に置くことを引き受けました。 私たちが慣れていたものとはまったく違いました。

「数日前、フィジーの熱気は非常に熱かったです。 スタジアムは岩のように堅かった。 そこにいるすべての人は一種のラグビーをしており、それが彼らがすることです。 みんな本当に幻想的な経験でした。」

READ  Ben Flanagan、Leslie Sexton、カナダ初の10Kロードレースのタイトル獲得
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours