エンターテインメント

ファイザーがオリンピック選手を予防するために、日本がパンデミックの制限を拡張することにより、コロナウイルスの更新:NPR

先月、日本西日本大阪北部吹田で開かれた大阪府オリンピックの聖火リレー走者の最後のランナー。

Hiro Komae / AP


キャプションを隠す

トグルキャプション

Hiro Komae / AP

先月、日本西日本大阪北部吹田で開かれた大阪府オリンピックの聖火リレー走者の最後のランナー。

Hiro Komae / AP

ファイザーとそのパートナーであるドイツのBioNTechはコロナ19流行の継続的な懸念にもかかわらず、今年の夏に開催される東京ゲームの競争相手と従業員にワクチンを寄付することに同意したと木曜日発表した。

声明、製薬会社は、国際オリンピック委員会との最初のワクチン投与量を説明する覚書に署名したと述べた。 「参加代表団が到着する前に、2次接種を受けることができるよう、可能な場合、5月末に開始すると予想されている「東京。 “

それ自体で 声明IOCはワクチンを配布するために、全国のオリンピック委員会と協力すると述べたが、多くの国の政府がすでに参加者にワクチン接種をしていると述べた。

IOCは「ゲーム参加者の多くが日本に到着する前に予防接種を受けることが予想されます。」と言いました。

今回の発表は、コロナウイルスが原因で、すでに1年が遅れる夏季オリンピックとパラリンピックの進行を継続的に懸念の中で出てきたことです。 水曜日、試合が行われる東京の管理者は、中央政府のコロナウイルスの緊急事態を5月31日まで延長してくれることを要請しました。 東京と他の3つの県(大阪、兵庫、京都)の決定は、近いうちに決まるものと予想されます。 金曜日に。

日本は「短く強力な “緊急事態に広告されたことを課すことが7月23日に開始されるゲームに合わせて第四の感染の波を停止すると期待した。

代わりに、非常に伝染性が強いN501Yコロナウイルスの亜種によるものとみられる新たな事例が急増し、ゲーム開催の懐疑論が追加されました。 日本で三番目に人口の多い都市である大阪は、最近コロナ19患者に病院が圧倒的ながら、特に大きな打撃を受けました。 ジャパンタイムズ

わずか1週間前の4月29日に、日本は7,914件の新しい事例を記録しました。 これは大流行開始以来最も多くの毎日の感染件数です。

先月のゲーム主催者は、競争相手が毎日コロナウイルス感染の有無をテストすると言いました。

伝染病の範囲と深刻性がますます明確になりながら、数週間の間に手作業を経た後、昨年の日本オリンピック関係者は、2020年のオリンピックを2021年7月まで延期することを決定しました。

しかし、1年が過ぎた今、日本の多くの人々は、誤った決定を下したものと見ています。 日本のNHK放送局が1月に実施した世論調査によると、調査に参加した回答者の約80%がゲームをキャンセルしたり、延期しなければならないと思いました。

その懸念の信号であり、ギネス世界記録によると、世界で最も年上の女性である118歳の田中ケインは、ゲームのために聖火リレーに参加する予定でした。 突然撤退しました。

田中は、福岡県締めるで開かれた5月11日の聖火リレーで親戚が押している車椅子に参加する予定だった。

しかし、彼女の親戚は、コロナウイルスの持続的な増殖のため、あまりにも危険だと思いました。 また、田中は、彼女が住んでいる老人介護施設で2週間隔離されていることを望んでいません。 Mainichi 新聞 申告

田中の曾孫である24歳の田中順子は「不幸なことだ。人々がたいまつを楽しく持っている姿で人々が希望を感じてもらいたかったからだ」と語った。

READ  綾野剛、北川景子のビームビンタに「膝落ちた」 - 芸能:日刊スポーツ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close