トップニュース

ファクトボックス:岸田前外相が政権与党の代表となる。 何今後の計画?

菅義偉日本の首相が2021年6月17日、日本の東京の官邸でコロナウイルス感染症(COVID-19)、日本の対応に関する記者会見をしている。 REUTERS / Issei Kato / Pool / File Photo / File Photo

東京、9月29日(ロイター) – 岸田文雄前日本外相が水曜日自民党(自民党)指導部の予備選挙で勝利し、次期首相になることを事実上確定した。

彼は数週間以内に予定されて総選挙で変化した政党を率いCOVID-19感染症と戦うと誓った。 続きを読む

以下は、日本の政治のカレンダーの次のステップと重要な日付です。

何が問題なのか?

  • 岸田首相は強力な下院で自民党が多数を占めることを考えると、数日内議会採決で菅義偉首相の後任が事実上確実です。
  • 新首相はやっと鈍化し始めたコロナウイルスの拡散を防ぐための緊急制限打撃を受けた経済を処理する必要があります。
  • 新首相も今年の選挙を行わなければならない。

次はどうなりますか?

  • 次期首相を選出するための国会本会議が月曜日に開かれる予定である。 下院と上院で過半数の得票をした候補者がその場を占めるようになります。
  • 両院で異なる候補を選択して、両院間の交渉が一つの候補について合意できない場合は、下院の決定が優先されます。 自民党の下院多数党を考えると、自民党の代表が首相に選出される可能性が高い。
  • 新首相はまた、10月初めに、新しい内閣を構成して自民党幹部を再編することが予想されます。

次の総選挙はいつですか?

  • 参議院の任期は10月21日までに、今年の総選挙が行われる。
  • 首相は下院を解散して、一時的選挙を招集する権利があります。 一時選挙は衆議院解散後40日以内に行わなければします。
  • メディアは自民党幹部の言葉を引用し、下院議員が、10月中旬に解散されることを報告した。 選挙は11月7日、または11月14日に予定されている。 日本では、伝統的に、選挙が日曜日に行われる。

村上サクラ、竹中清記者; Michael Perry、Robert Birsel編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  加えさつき前、日本の参議院会長、享年80歳死去

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close