ファクトボックス – 韓国、日本との歴史的・法的紛争解決の動き

Estimated read time 1 min read

ソウル(ロイター) – 月曜日、韓国は梗塞した日韓関係を解決するため、日本の展示強制徴用被害者補償のための公的財団設立を提案しました。

去る5月就任したユン・ソクヨル韓国大統領により日韓間の歴史紛争克服努力が再開され、両国関係改善を約束した。

– 1910-1945年、日本の韓国占領に遡る紛争で、2つの北アジアとアメリカ同盟の関係が緊張しました。 韓国人は日本が女性を日本軍のために展示慰安所で働くように強制し、強制労働を使用するなど他の虐待を加えていると非難します。

– 問題を解決するために、長年にわたってさまざまな措置が試みられています。 日本は強制徴用賠償問題が1965年の韓日国交正常化と韓国に対する経済援助協定によって解決されたと言う。

– 2015年韓国と日本は日本政府が展示売春店で奴隷になったと言う「慰安婦」に対して公式謝罪し、被害者を助けるための基金として10億円(923万ドル)を提供する合意に到達しました。 しかし当時、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2018年にこの基金を解散することを決定し、被害者の懸念を十分に考慮していないと事実上協定を廃棄した。

– 2018年韓国最高裁判所は日本新日鉄住金(5401.T)と三菱重工業(7011.T)に一部展示強制徴用賠償を命じた。 東京は、命令が実施された場合に重大な結果をもたらすことを警告しました。

– 2019年日本が韓国に対する先端素材輸出を制限し、関係が悪化しました。 当時、韓国は日本との情報共有契約を撤回すると脅したが、両同盟国の関係改善を促す米国の圧力で終盤に退いた。

– 長年にわたり、一部の韓国人は日本の製品を売買し、計画された日本の休暇をキャンセルしました。 ソウルは、一部の日本の教科書の歴史的記述方法について定期的に不満を提起しており、日本帝国の象徴とされる「旭日旗」に対する怒りが起きている。 日本は、韓国の指導者たちが政治的スコアを得るために緊張を悪化させていると非難した。

– 両国はまた、韓国の独島と日本の竹島として知られる風が吹く火山島集団に対する領土紛争をしています。 この独島は小規模な海岸警備隊のあるソウルが統制しており、東京都領有権を主張しています。

– 米国は、他の地域的課題の中で、中国と北朝鮮の増加する脅威にもっと対応するために紛争を解決するように両国に圧力をかけました。 ユン総裁の下、韓国は3者間の軍事訓練を再開し、北朝鮮の弾道ミサイル発射追跡などの情報共有にさらに合意した。

(Josh Smithの報告)

READ  駐日大使、スパイ容疑で中国に拘留された市民初めて会う
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours