理科

ファンデミク期間は、特に女性の不安急増:研究

金曜日Lancetに発表された研究によると、COVID-19感染症は、特に女性と若者の間で世界的に不安と主要落ち込ん障害急増しました。

研究者は、学校の閉鎖により、若者たちが苦痛を経験し、多くの女性が家事労働をすることになり、家庭内暴力のリスクの増加に直面していることになったました。

オーストラリアクイーンズランド大学(University of Queensland)の学者たちが主導したこの研究によると、2020年にCOVID-19が拡散され、不安障害7,600万件、主に落ち込んで障害5300万件追加で発生しました。

研究の共著者であるアリの第フェラーリは「悲しいことにいくつかの理由の女性は、ファンデミクの社会的、経済的、結果に大きな影響を受ける可能性が常により高かった」と述べた。

「追加のケアと歌詞責任は女性に転嫁される傾向があり、女性は伝染病のさまざまな段階で増加している家庭内暴力の被害者になる可能性が高いからです。」

彼女は学校閉鎖やその他の規制により、「青少年が学びピアと相互作用する能力」を制限したと付け加えました。

この研究では、全世界で、以前に行われた48件の研究が含まれており、2020年に204の国と地域で精神的健康障害の有病率を定量化するために、メタ分析では、結果を統合しました。

この研究に参加していないリンクされたコメントの著者らは、これが「ファンデミク期間中に落ち込んと不安障害の負担の最初のグローバルな洞察力」になったと言いました。

うつ病の事例が28%増の2億4600万件で、ファンデミクが発生していない場合は、1億9300万件と推定された。

予想される不安事例は26%増加し大流行がない2億9,800万件と比較して3億7,400万件と推定された。

この研究の著者は、多くの貧困国での流行が精神的健康に及ぼす影響についての高品質なデータが不足していると警告しており、これらの国の推定推定は慎重に解釈しなければならないと付け加えました。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  COVID-19ワクチン、日本の65歳未満のすべての同時利用が可能

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close