ファンデミック期間中、自殺衝動を感じる日本の子どもたちの数が増えた可能性があります。

Estimated read time 0 min read

日本の研究者グループが行った調査によると、コロナ19大流行が始まった後、日本で自殺を感じる子供の数が増加した可能性があることが明らかになりました。

国立児童健康及び発達センター研究員らは、日本全域の児童精神ヘルスケアを専門とする31の医療機関を対象にアンケート調査を実施しました。 アンケートの目的は、ファンデミックの発症前後の子供の精神的健康にどのような変化が発生したかを確認することでした。

調査の結果、2023年3月に終わる2022会計年度の間、20歳未満の最初の患者214人が医師から自殺診断を受けたことが分かった。 ファンデミックが始まる前の2019年度にはその数値が135人でした。 これは約60%増加した数値です。

性別では、全患者の70%以上の166人が女性だった。

2022年度には、110人の青少年がその機関を訪問する前に自殺を試みました。 これに比べて2019会計年度には63人と約70%増加した。

国立児童健康・発達センターの副所長である高田達也博士は、感染を抑制するために課された制限措置が子供たちのコミュニケーション能力に悪影響を及ぼした可能性があると述べています。

彼は自殺を考える子供の数が増えていると述べた。 医師は、社会が子供たちが快適さを感じることができる環境を作成しなければならないと強調しました。

READ  日本で最も高いトーチ形の塔 - ニュース
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours