フィジーナが日本に歴史的な勝利を収めた – FBCニュース

1 min read

[Source: Fiji Rugby/ Facebook]

先週に続いて逆転した試合でフィジアナXVはチャーチルパークで日本を相手に24-15で説得力のある勝利を収め、挽回しました。

今回の勝利は日本との歴代初の勝利でもある。

フィジアナチームはパフォーマンスが大幅に向上し、より臨床的でさくらXVと一致する姿を見せました。

広告後の記事の続き

最初から、フィジーは強力な出発で彼らの意図を示しており、初期に機会を活用しました。

よく走ったセットピースが日本の領土深いスクラムから抜け出してウィンガーRepeka Toveがトライラインを越えてフィジーの雰囲気を作り上げました。

フィジアナXVは絶えず前進し続け、ウィンガーMerewairita Naivosaが2回ポイントをとりながらリードをさらに拡大しました。

Naivosaの試みは、実行と戦略の両方でフィジーの優位性を強調し、前半でスコアを12-0に引き上げました。

しかし、日本は長田いろは主張を前面に出して反撃に出た。

21分には、Sakura XVの断固としたドライビングモールがNagataが最初の得点を狙う結果をもたらし、ハーフタイムになる前にギャップは12-7に絞られました。

後半には両チームとも推進力を得るために苦労して、時々リズムを破るミスが発生しました。

日本はペナルティキックでフィジーのリードを減らし、17-10で試合を維持しました。

しかし、フィジーの守備は強大であり、スコアを同点にしようとする日本の試みを継続して阻止した。

Fijiana XVはターンオーバーを利用して防御を攻撃に変え、交代選手のUnaisi Lalabalavuが決定的な試みのために衝突し、24-10にリードを押しました。

ナガタの遅い第二の試みを含む日本の情熱的な努力にもかかわらず、フィジーの回復力と戦術的な規律は最終的に勝利を保証しました。

READ  ハンセンの分離ブロディのボイコット、長州力乱入...義理のない「師走のチームリーグ」の事件簿 - レスリング - Number Web
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours